まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS ツラ楽しかった、比留賀岳

<<   作成日時 : 2011/06/11 01:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

山登りのために、オートバイのために、普段からトレーニングしているようなことは一切ありません。
昔はジョギングをしていましたが、膝と足首の関節が体重に負けるようになってからはやめました。
そうですよ、べっちさんと、iPodの歩数計?付けて競争してた懐かしい記憶が。。。

普段は、パソコンのキーボードをパチパチ君しか運動?していないから、指だけですよ、動いているのは。

最近、山に登る機会が増えてきているものの、正直、どれくらい歩けるのか謎です。
ソロで動くことも多いので、勘違いして動けなくなってもまずいですからね。
一人の時はとにかくセーブしてマイペースで行きますから、限界がよくわからない。
それでも、学生時代の遠い記憶に勘違いすることなどあり得ないほど重い身体から、現実をひしひしと感じています。

今回は、比留賀岳。
今まで興味を持ったこともありませんでしたが、スロ山コミュのイベントで知りました。
派手さはないが、なにげに登山口との標高差1100m程。
近場のわりには歩き甲斐のある山です。

最近の山歩きでは標高差1000m越えは初めてです。自分の状態を把握する、良い目安になりそうだ。
水平距離も12km程。まずまずの距離ですね。

さて、さて、どうなることやら。

〜〜

行程が長いので、当日自宅からのアプローチだと、ちょっと早起きになり過ぎる。
ということで道の駅にて前夜泊。

よじゃさん、ととさん、minamiさんとプチ宴会。

画像


肌寒い空気の星空の下。酒が旨い。
おつまみのエビちり、唐揚げ、餃子、美味しゅうございました。お酒もバラエティに富んでいた。
宴会が楽しくて、山歩きは、もう、どうでも良いかな?なんて投げやりな気持ちが芽生えましたよ。

道の駅は、利用者も少なく快適に睡眠を取れました。
朝起きると若干頭痛が。。。。歩いて汗と共に流さないとだ。

登山口は、個人宅。毎週、対応するのが大変ですね。
登山者の車を置かせていただけます。ありがとうございます。

庭にはカエルちゃん。可愛い。

画像


今回は、健脚揃いのパーティです。
取り付いてすぐ、身の危険を感じ、セーフモードへ切り替えました。
着いていくと、すぐ潰れそうだ。
後ろでのんびり歩かせていただきます。
それとも、前で、のんびりペースを作った方がよかったかな?

ルートは、大きく3ブロックに分けられ、最初300m登り、林道歩いて500m登り、稜線を少し歩いてから最後の300m登りで山頂。
最初の登りで他の人とペースが合わないことは明確になりましたので、絶対着いていかないように決めました。

林道を攻めるはずのバイクチームが土砂崩れで我々を追走。
思っていたより速く追いついてきたのはさすがです。

画像


この林道を抜けると、2つめのブロックになる500m登り。
最初はダラダラ気味でかったるいけど、じきに傾斜が強くなってきます。
傾斜がついてくると、どんどん高度が稼げるので楽しい。でも、身体が重い。。。。
健脚組のとくさん、フライマンさん、はらさん、やまたつさん、ぢみさんはあっと言う間に見えなくなります。

しんがりの、よじゃさんとお花。

画像


旗振りのなおさんも様子見で付き合ってくれています。

下の写真は3ブロック目。最後の300m登りを攻めてます。
でも、足がもうガクガクなんですけどね。
山頂が見えてきました。もう一息!!

画像


7:00出発、山頂12:20着。

途中に行者にんにく群生地があり、ととさんから見分け方を教えていただきました。
お昼の塩ラーメンのトッピングに早速投入!

画像


先に伸びる稜線の東側はガスってます。
空も重い感じになってきたので、早々に下山開始。

画像


結局、雷雨に見舞われる。
雨に濡れる若葉を眺めて歩くのも気持ちいいと言えばいいのだけど、膝と腰が不調になりつつあり、ヒヤヒヤもんでした。
こんな所で歩けなくなってヘリ呼んだら笑いものだよ。ほどほどに頑張らねば。

雨の中をトボトボ歩きながら17:00下山完了。

この日は、まだよかったのですが、翌日、膝と腰がダメになりましたよ。
やばかった〜。

こんなレベルじゃ、日本アルプスには近づけないね。
テント担いで歩くのも、距離と標高差を考えないと帰れなくなりそう。
現時点での限界点が見えましたね、体重落として、トレーニングしないと山奥には行けなさそうだ。
良い経験になりました。

でも、このお山、派手さはないけど楽しい山でした。
もう少し体力付けて、天気の良いときにリベンジしたいもんです。
山頂では晴れていれば360度の展望が楽しめるようなんだけど、ほとんど見られなかったんだよね。

UMAさん、道の駅での車中泊もしやすいし、高速からのアクセスも良いので、こんど、来ませんか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
先日はありがとうございました。
楽しい山登りでしたね。(すみません自分は宴会は参加してませんでしたよ)

山頂からの景色は残念でした。自分も是非リベンジしたと思ってます。
今回は完全に筋肉痛取れたのが水曜日の夜でした。
久々に後遺症(笑)のお土産付きの山でした。
それにしても先頭のTo9さんは超速かったですね。
自分も前半は追従しましたが、最後の区間で撃沈しました
ぢみ
2011/06/11 09:41
ぢみさん、ご指摘ありがとうございました。深夜に寝ぼけ眼で書いていたので、お名前がごっちゃになっていました。
いや〜、あのペースにはついて行けないっすよ。ぢみさんでも最後の区間で離されましたか。
でも、差を見せつけられて、もう少し体力付けたいなとおもいました。その方が山を楽しめますしね。
ぜひ、またご一緒しましょう!宴会も!
さとう
2011/06/11 11:05
楽しかったですね、夜の部も(笑)
山歩き、私はペース配分を間違えてしまったような・・・。
後ろの方をゆっくり歩くのが正解だったような・・・(^^;
もう少しボリュームの少ない山で慣らしてぜひ、リベンジしたいです。

ぢみさん、次回はぜひ宴会へもご参加くださいい(^^)
とと
2011/06/11 15:16
お疲れ様でした。本当に疲れました
3日間ほど筋肉痛でしたし、若干ですが腹まわりもスッキリしたような

また天気の良いときに再訪したいですね
はら
2011/06/11 15:59
ととさん、私は、夜の部で大満足です。ほんというと、焚き火しながら飲みたかったです。
ペース配分は難しいですね。長時間歩いてみないと見えてこないこともあるから、様子が判った比留賀岳に通ってみるのも手かもしれませんね。

はらさん、私も水曜まで辛かったです。実は自分もお腹周りが燃えたかも?な感じがあったのですが、今はもう戻りました。というよりリバウンドで大きくなった?ぜひ、またご一緒させてください。
さとう
2011/06/11 23:20
なかなかきつそうな山ですね。
つらいとか筋肉痛だとか聞くと行ってみたくなります。
軽量化とトレーニングやっておきますので、
よろしくお願いします。
UMA
2011/06/11 23:39
UMAさんなら、今のままで大丈夫ですよ。自分自身が心配です。。。
さとう
2011/06/14 07:05
膝と足首に負担をかけないのならば自転車ですよ、マジで
こないだ軽井沢のイベントで標高差2,300mを獲得しましたよ
見沼biker
2011/06/14 23:00
見沼bikerさん、標高差2300mですか!自転車といえどもハードでしょうね。自転車で搾ってから山歩きでもいいですね。
さとう
2011/06/16 07:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツラ楽しかった、比留賀岳 まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる