まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS 釈迦ヶ岳でちょいと一杯

<<   作成日時 : 2012/07/26 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

なんか、近頃バイクの話が一つも書けていない。
アサマを基準に生きていたのだが、仕事の関係で日程が押さえられないので申し込みできない。
よって、ツナギ期間の向上心も失ってテンションが上がらない。
まずはトランポの椅子外しからしないといけないのも面倒だ。
あ〜、しばらく間が空きそう。。。。
しかもNSRはパーツ欠品だし、余計だね。
部品取り車を手に入れると家庭でゴタゴタしそうな予感。

お山は、休み前日でも準備できるので、日程があやふやでも近所の単独行ならすぐに行ける気楽さがある。
そんなこともあり、最近は山ばっか。

〜〜

山の上で酒を飲んでゴロゴロするのは楽しいのだけど、テントを担いで高い山に登る体力もない。
なので、近所の山の上で飲みましょう。
以前、釈迦ヶ岳に登ったとき関東平野を一望できた。きっと天気のいい夜は、遠くの夜景も綺麗なはず。
それ以来、釈迦ヶ岳で夜景を見ながら酒でも飲みたいなあと思い続けていた。
海の日がらみの3連休、どこかで一晩、飲みに行きたいな。

レインウェアの復活対応を14日にやってみようかな。
と、いうことで7/15,16で、釈迦ヶ岳へ飲みに行こう!

〜〜

7/15、天気予報は曇りのち雨。翌日は晴れだが夕方に雷の予報。
前線が日本上空にあり、明日は太平洋高気圧に押し出される見込み。
夏になりそうだ。

休日朝ですからゆっくり起きて、朝飯食ってのんびりしてから出撃準備。
夕方までに山頂に着けばいい。
な〜んて、余裕かましてノロノロしていたら県北部に雷注意報が。
大丈夫かな?心配になってきた。もし、歩き始めるときに積乱雲が発達していたら中止にしよう。

14:30過ぎに大間々から歩き始めた。
既に1280mの標高だから涼しい。
北部にある那須岳周辺は雲が発達してきているが、まだ大丈夫そうだ。
宿を作る前に雨が降ってくると面倒だなあ。

木漏れ日の中を歩いていく。

画像


稜線に出ると、周辺に雲が出てきているのがわかる。
まだ大丈夫そうだね。

画像


目的の居酒屋?はあそこだ!

画像


那須岳方面は雲が発達してきている。

画像


八海山神社でパチリ。

画像


剣が峰を越えて稜線を歩いていくとガスに包まれて暗くなってきた。
ちょっと夕立が心配。
まだ、雷の音は聞こえない。
雨降る前に宿を作れるかなあ?

画像


ポイント毎に高度計を補正しているのだが、毎度誤差がスゴイ。
標高が低い方向にずれるから気圧が上がっていることがわかる。
太平洋高気圧が張り出して前線を押し上げているんだね。
そこで流れ組む空気がきょうの敵か。

遅い時間に来た割には5組とすれ違った。
17:00前にすれ違ったトレイルランナーが最後の人かな?

高度計だとあと30mも残っているのに山頂が見えてきた。

画像


17:30すぎに到着。
さすがに誰もいないね。

ガスの中だから夜景は無理か。

画像


広々とした山頂だ。
小屋があると思っていたんだけど、ない。あれれ?
鶏鳥山の山頂と勘違いしていたよ。
雷が鳴ったら小屋の軒下でやり過ごそうと思っていたのに当てが外れた。どうしよう。

降り出す前にお宿を作らねば。
ボロテントのジュラルミンポールにはクラックが入ってしまっているので、きょうはツエルトだ。
ツエルトを手に入れたとき、勢い余ってフライシートとインナーポールも買ってしまった。
ずっと使わずにタンスの肥やしになっていたので使いましょう。

晴れていればフライシートだけにしてシュラフカバーで寝る予定だったが、降りそうだからツェルト本体も設営するかな。
三角テントの設営なんて久しぶり。しっかし一人で張るのは面倒だ。

画像


宿ができあがったら、宴会場の準備だ。

画像


きょうのとっておきは、ニッカの余市工場で買ってきた、ウィスキー原酒。
60度あるので少量で気持ちよくなれる。
昔の味が忘れられず、GWに買ってきた。

画像


キャップに注いで口に放り込む。
度数が高くても口当たりは丸い。
チェイサーすると香りが広がって楽しい。
何も見えないガスの山頂での酒盛り。聞こえるのは風の音のみ。
来た甲斐があったね。

メインディッシュは、豚バラとカット野菜のわかめスープ煮。
風が強く、身体が冷えてきたが、一気に暖まる。

画像


腹一杯になって酔っぱらったら、することないから寝るか。

まだ雷の音は聞こえないが、夜半でも安心はできない。
ここで雷雲に包まれたらどうしようかなあ、逃げ場がないなあ。
合羽を着て山頂下の林に入り、やり過ごすしかないかな。

暇で仕事のことばかり考えてしまうかと思っていたのだが、雷が心配で、そんなこともなかった。(小心)

シュラフカバーを被って横になっていたら、いつの間にか寝てしまった。

〜〜

22:30頃、風の音とバタつくツェルトの音で目が覚めた。

外に出ると、遠くに夜景が見えた。
やったね!

画像


お湯を沸かして、紅茶を飲んだ。
風の中、しばらく夜景を眺め、満足してから再就寝。

ツエルトがバタついてうるさいから外で寝ることにした。
もう雨も大丈夫だろう。
ダイソーの薄い銀マットとシュラフカバーを持って、山頂の端でお休みなさい。

〜〜

日の出は4:37。
天気は良さそうなので3:30に起床して、コーヒーを飲みながら、朝の光と空の色の変化、雲や山の景色を楽しむ。
来た甲斐があったね〜!!

太陽が近づいてくる。

画像


多少の風でも大丈夫だね。ツェルト君。

画像


日光連山上空の雲が朝日に染まる。

画像


キャラメル色の柔らかそうな雲海。

画像


雲海の先には富士山も。

画像


日が登ったら朝ご飯。
メニューは、いんちきリゾット。

画像


日差しは夏です。
夏山って感じの日差しと空気。
久しぶりの感覚だなあ。

画像


このまま1日のんびりしていたいけど、午後は用事があるから片付けて帰ろう。
パッキングがほぼ完了した7:00には大間々から登ってきたという人がやってきた。

早いねえ〜。きっと日の出前から歩き始めたのかな。

もう一度、雲海を眺めていると、眼下に学校平が見えた。
雲海は標高1000mくらいの位置になるんだね。

画像


きょうは暑くなりそうだ。
のんびりと、山の空気を味わいながら帰ろうかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
自分は来週末奥穂高に行きたいんですが、ちょっと足に痛みがあるんですよね。じっくり休んで備えなくては!でもオリンピック見て寝不足になってしまうw
ZEP
2012/07/29 18:16
まさに至福の時って感じですね。

そうそう、比べるのもなんですがバイクでオフを走る準備と後片付け、
山歩きの準備と後片付け、まるで掛かる時間が違いますね。
花きぃとうちゃん
2012/07/30 16:03
ZEPさん、奥穂ですか!い〜ですね!
上高地から涸沢までは天気が悪くなっても歩けますから、ノンビリアプローチしてください。涸沢幕営は混んでいても北穂寄りは厳禁です。夕立土砂降りで沢になります。明大?山岳部につられて幕営したとき、酷い目に遭いました。夕立注意で早めの行動をお勧めします。午前中の方が雲も少なくて景色もよいですよ。ちなみに、撤収なしで0230起床0400行動開始1200〜1400行動終了&宴会1800就寝くらいの時間割りでした。行動中にご来光も見られて楽しいですよ。
あ〜、いきたいな〜!楽しんできてくださいね。
さとう
2012/07/30 19:00
花きぃとうちゃんさん、至福のひとときでした。私のモチベーションは、ダラダラと過ごす時間と酒だということが再認識できました。で、そうそう。山は整備時間がないので楽チンですね!目を背けたくなるような泥まみれということもないですしね!
さとう
2012/07/30 19:09
ああ〜、なんてすてきな居酒屋さん♪
風の音を肴にウイスキー原酒をちびりちびりやるのは、まさに至福のひとときですね。
雲海をぼんやり眺めながらのインチキリゾット美味しそう〜。いいなあ〜。

さ、仕事しよ。( > _ < )
たけガス
2012/08/01 23:28
貴重な情報ありがとうございました。
北穂よりには幕営しないように気を付けます。
昨日飲み過ぎてゲーリーですが、これから体調整えます。
ZEP
2012/08/02 10:53
たけガスさん、ご招待したいですよ。ま、1人寂しくってのもあじがあるのですが。しかし、アサマで一緒に食べたタラの粕漬けに匹敵する感激になかなか出会えませんよ。(^_^;
さとう
2012/08/02 22:28
ZEPさん、きっと今頃、北アでノンビリしているんだろうな。天気も安定していそうだし、楽しい山行になっているはず。レポート楽しみにしています!
さとう
2012/08/05 20:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
釈迦ヶ岳でちょいと一杯 まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる