まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS ダウン装備の撥水加工に挑戦

<<   作成日時 : 2012/12/07 20:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

雪山歩きは汗をかかないようなペースでゆっくりと。
身体を濡らすのは命に関わる大事。
が、セオリーではありますが、運動不足で水分取りすぎの私にとっては、汗をかかないなんてゼッタイ無理!
どんなに体力がある人たちがそんな歩き方できるんだろう?

そういえば、一番体力があるときの自分でも大汗かいていた気がする。
ナイロンヤッケがバリバリに凍っていたもんなあ。

いま、防寒着として装備しているダウンジャケット。
汗をかいた身体で羽織るのはとっても嫌。なぜなら、ダウンを濡らしたくないから。
濡れたダウンって、どうしようもなく使い物にならない。

非常用として考えると厚手のフリースの方が安全か?などと思いつつも、化繊のガサ張り加減に我慢ならず、ダウンの暖かさにも軍配が。
「それなら両方持っていく」が私の信条ではあるのだが、最近は体力的な壁に耐えきれず、どうすべきか逡巡中。

ビバークなんてことになったら一晩中羽織って、暖を取る頼みの綱となる。
濡れた身体で羽織っていれば、きっと夜半前には汗も染みていく。そうなったときが怖い。
背中をもたれかかったりして濡れた服でダウンジャケットを圧迫しなければ、多少濡れていても羽毛までクシャリといく事はないと思うけど。。。。

対策(案)は、ベースレイヤの替えを持ち、着替えた上でダウンを羽織れるようにする。
もうひとつは、ダウンの撥水加工。と、考えた。

ま、どこまで撥水なんだか知らないけど、ケミカルが販売されていたので買ってみた。
使うのは、はじめて。

NIKWAX(ニクワックス) TX-10 ダウンプルーフ

画像


洗濯機ではもったいないので、バケツに水入れて、手持ちのダウン品を全部押し洗い?というか浸して揉んで加工してみた。

対象は下記3品。

Columbiaダウンジャケット。
古着屋で\1000の品。遠い昔の懐かしいデザイン。

画像


最近の細かいキルト加工と違い幅が大きいので、中でダウンがボールになって、なかなか乾かずに乾燥が大変だった。
乾燥機にかけても、ほぐれず固まってしまい乾かず。
ほぐして乾燥機にかけても、偏ってしまい固まる。
頭に来たからタオルに挟んで敷いて、踏みつけて水気を取った。そんなことするくらいなら、脱水機をしっかりとかければよかったかな?
いい加減な扱いをしたから、死んでしまったかな?
死んだら、また、古着屋で見つけてこよう。
と思ったら、完全乾燥後は元の状態よりロフトが増して、暖かそうになったよ。
早く雪の中で着てみたいな。

次に、ユニクロダウンジャケット。

画像


撥水加工済みと書いてあったけど、加工しちゃいました。
これも雪の中で使ってみるのが楽しみ。
キルト幅が狭く、ダウン量も少ないので、乾燥機にかけたらいい感じになりました。

そして、モンベルのダウンパンツ。

画像


買ったばかりで使ってもいないけど、やっちゃえ!
ということで、ジャブジャブ攻撃。
乾燥機にかけたら、買ってきたときより元気?
ユニクロよりも元気なダウンなのか、キルトの一つ一つがパツパツになった。
さすが800FP!?

ジャケットはまだしも、ダウンパンツだと座ったときにダウンが潰れるので、濡れた身体だと、あっと言う間に羽毛もダメになりそう。撥水加工で少しは粘りを増してくれるといいな。

早く使ってみたいな!

そうだ、うちにある、古いモンベルのダウンジャケットも撥水加工してみようかな。
バック・トゥ・ザ・フューチャーがナウい時代の古ベスト。タウンユースなので、濡れてもいいんだけど、せっかくだからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりです。
自分も汗かきなので苦労してます。
わざわざ汗をかくような事やってるし。
雪山ほどは深刻ではないですけどね。
自分は化繊インサレーション(プリマロフト・ワン)を使っています。
ホグロフスのリムバリアプルオーバーというやつです。
パタゴニアだとナノパフ、モンベルにも似たようなのがありますね。
270グラムでかなり軽い上、暖かいですよ。
携帯性も保温性もダウンにはかなわないけど、濡れても保温性が落ちにくいし、普通に洗濯もできて扱いも雑で構わないところがいい。
汗をかいた時は助かります。
あと、ベースレイヤーのさらに下に、ファイントラックのフラッドラッシュシリーズを着るのもいいですね。
フラッドラッシュパワーメッシュを使っていますが、皮膚の上が汗でびしょびしょにならない分、汗冷えしにくいです。
おすすめです!
UMA
2012/12/07 21:16
>ナイロンヤッケがバリバリに凍っていた

それって、死ぬじゃないですか!行動時に汗をかくのは仕方ないけど、就寝時の汗にも気を使うってのはつらいですねえ・・・。
NYAA
2012/12/07 21:30
UMAさん、いろいろ試してますね!
私の知る中綿素材としてはシンサレートで止まってます。これまた30年前の新素材ですが3Mが頑張っているから現役バリバリですよね。
プリマはパタあたりで聞くのかな?聞き覚えはあります。ちょっと調べてみよう。ファイントラックも良さそうですね。
何処の製品も趣向を凝らしているから目移りします。。。(^o^;
さとう
2012/12/08 08:36
NYAAさん、バリバリに凍っても、テントの中でラジウスをガンガンに炊いて着干ししたから、あっと言う間に乾きました。
当時は下っ端で解放した出入り口が定番座席でしたから、自然換気に伴う空気の流れも良く、それで速乾でした。(^_^)
さとう
2012/12/08 08:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダウン装備の撥水加工に挑戦 まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる