まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS 古賀志山でビバークごっこ

<<   作成日時 : 2012/12/14 23:31   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

12/8〜9は、近所のお山でビバークごっこ。

昨年は、親戚の家で晩飯を食ってから登ったので、夜明けを待つ時間が短かった。
また、偶然にも皆既月食だったので楽しく過ごすことができた。

今年は、早めに山へ入って、退屈と戦いながら朝を目指してみたい。
でも、明るいうちに大荷物で歩いているとハズカシイから、ギリギリの時間を狙おう。
暗くなってくる16:00〜17:00に登り始めて、翌朝6:40頃の日の出を待つ作戦でいくぞ!

フライマンさんからカレンダーをいただけることになったので、登山口で待ち合わせ。
でも、道路が混雑していたのとペースカーに阻まれて少し遅れた。
お待たせしてすみません!
ありがとうございます!

奥日光方面は厚い雪雲に覆われている。
登山口は小雨。すぐ止みそうだけど、夜半に雪なんて降ってきたら困るなあ。

16:20 歩行開始。

登山口の橋。

画像


日の入りは16:27頃。
谷間を歩くので、早くも足元が見えにくくなっている。
リヒトは出して持って歩こう。

降りてきた2組の登山者とすれ違った。

富士見峠へ到着したときには真っ暗。
まだ、17時を回ったくらいなのにね。冬だね〜。

画像


登ってきた道、峠の東側斜面では微風だったけど、峠に立つと西からの風が強くて寒い。
杉林の中だけど、風が通り抜けるもんなんだね。

もう一登りして、見晴らしに到着。

ここでビバークごっこだ。
見晴らしは古賀志山の東寄りの肩になるので、冷たい西風は稜線に阻まれて直接届かないようだ。
風が唸る音はするものの、富士見峠に比べると穏やかな風だった。

歩いてきたばかりだから身体は温まっている。
汗かきだから、行動中は薄着だ。
今の服装は、上半身2枚(ジオライン+メリノシャツ)、下半身2枚(光電子タイツ+秋冬用パンツ)。

穏やかな風といえど、すぐに冷えてくる。
冷え切る前に着込んでおかねば。

画像


17:30にもなっていないのに夜景が綺麗。

ソフトシェルを羽織るだけでは寒いので、その上にユニクロダウンを重ねる。

さて、晩飯を持ってきたのだけど、すぐに食べてしまうと先が長くて退屈しそうだから、少し時間を空けて身体が冷えた頃に食べよう。
それまで、じっと待っていよう。

ダイソーの100円銀マットを岩の上に敷いて、のんびり景色を眺める。
目が良くなりそうだ。
このまま12時間近く過ごすのか〜。
時間をもてあますなぁ。

時間がもったいないから仕事のことでも考えちゃおうかな?なんて思ったけど、せっかく遊びに来たのにそれではつまらない。
贅沢にも、無駄に惚けて過ごすことにしよう!

画像


気温は1度。
昨年のビバークごっこでは最低気温。
今年はもう少し寒くなるんだね。予報は−3度。

1時間も経たないうちに寒さが辛くなってきた。
薄物3枚+ユニクロダウンではホカホカとはいかないようだ。
無理せず、古着のダウンジャケットに交換した。
少し風が強くなってきたので合羽も着込む。

あ〜、あたたかい〜。
これなら、楽に朝が迎えられそうだぞ。

画像


何もすることがないときは時間の流れが緩やかだ。
ずいぶん時間が経ったつもりで時計を確認しても10分くらいしか進んでいない。
朝は遠いなぁ。
いまは眺望が良いから救われるが、本気の山の中では稜線だって街明かりなんか見えないだろうし、林の中で、ただうずくまるだけの時なんか耐え難いだろうなあ、しかも、疲れや不安があったりすると、ますますツライね。

少し気温が下がっているようだ。ロフトのある古着ダウンでも寒くなってきた。
下は、このあいだ買った期待のダウンパンツ。その上に合羽のパンツを履いている。さて、威力の程はどうだろう?

上半身が思ったより寒い。
古着屋コロンビアダウンジャケット、もう少し暖かかったような気がするんだけどなあ。
じわりと染みこんでくる寒さを感じながら考えていたら思い当たることあり。
防風目的にダウンの上にレインウェアを羽織っていた。
冬季の利用を想定して、下に重ね着できるように余裕あるダブダブサイズとしているのだけど、それでもダウンのロフトを殺しているのかもしれない。
激しい風が吹いているわけではないので、レインウェアを脱いでみた。
すると、暖かさが少しパワーアップ。
ダウンは、厚みを殺さないように気をつけないと威力ないんだね。(とうぜんか。。。)

なんとか20:00まで我慢して晩飯にすることとした。
晩飯は、ねぎ塩スープ鍋?+ちゃんぽん締め。

画像


まずは、野菜と肉のねぎ塩風味鍋?をいただきます。

画像


ハフハフしながら頬張る。スープを飲んで腹の中から暖まると安堵感に包まれる。
遊びでダラダラしてるんですけどね、それでも安堵するって、どういう事でしょうね?
緊急事態でビバークするときは、暖かいお茶が飲めるだけでホッとするんだろうなあ。

眼鏡が湯気で曇って夜景が見えなくなった。

具を少し残しておいて、水を足し、チャンポンを投入。

画像


最近のインスタントは美味しいもんね。
麺の力、感じましたよ〜。ごっつあん!!

食事をして身体の中から暖まったから、冷たい風が心地よくなった。
しばらく景色を眺めていたが、寒くなってくる前に就寝準備をしちゃおうかな。

本日の寝床はこんな感じ。
はやり、ツエルトを張ってしまうとテントとかわんないので、被って過ごそう。
薄い銀マットを敷いて、背もたれにザックを置いて、ツエルトを被る。

画像


最初は大きめなベンチレーションから顔を出して景色を眺めていたけど、いいかげんに見飽きた。
21:00 お腹も満たされたから、寝ちゃおう。
明日の朝までワープだ!!

潜り込むとこんな感じ。

画像


お休みなさい。。。。。





風が強くなってきてツエルトが大きく揺すられるようになってきた。
隙間から空気が流れ込んで寒い。。。
まだ22時頃か・・・・。頑張って寝よう。。。






足が冷えてきた。寒い。。。
まだ23時頃か・・・・。
ダウンパンツも薄いよなあ。ま、これ以上ロフトのあるやつでは寝袋と変わらないんだけどさ。
合羽のパンツもダブダブパンツだから大丈夫かな?なんて思っていたけど、試しに脱いでみたら少し暖かくなった。
頑張って寝よう。。。








風がますます強くなって、煽られたツエルトが身体にまとわりつく。
すると、足や腕のダウンの厚みを押しつぶし、外気の冷たさが直接伝わってくるようになった。
基本は、風が来ないところでビバークしないとですね。

0時頃。
このままだと身体が冷え切ってしまいそうなので、無理せずツエルトを張って、直接風を受けないようにしよう。
気温は−3度。

画像


この感じだと、明け方になっても、これ以上に冷え込むことはなさそうだ

昨年のビバークごっこでは、明け方の最低気温が1度だった。
同じような装備なんだけど、4度低いだけで、だいぶ寒い感じがする。
風が昨年より強いことも原因かな?

きょうの装備のままで−15度くらいのテストをしてみたいと思ってたけど、それって、真面目にツライ夜になるだろうなあ。

それはそうだね。
今回使っているジャケットとパンツ、これを冬用寝袋のダウンと比べるようなもんだ。
完全に力不足。
そうなると、万が一を考えると寝袋を持つしかなくなるのか!?
ま、いいや。

さて、寝床をバージョンアップしないと!
樹の幹に細引きを張ってツエルトをつるす。
写真だと気持ちよさそうな感じになるね〜。でも、中に入るから関係ないんだけどね。

画像


インナーポールを入れたので、ツエルトの中に、しっかりした空間が確保できた。
これでコンロを安心して使える。

画像


身体が冷えてきたので、お茶を飲んで暖まろう。

画像


コンロに火を付けたのでツエルトの中がホカホカになった。
暖気に身体も緩み、眠くなってくる。。。。。火を付けたまま寝ないようにしないと。
抹茶ラテを流し込む。
背中にザックを敷いて、腰下は薄い銀マットを敷いて、そのまま横になる。
風が吹いてもツエルトに圧迫されて身体が冷えることはなくなった。
身体も伸ばせるし、これでまた眠れそうだ。
おやすみ。。。。




1時頃、寒くて、また目が覚めた

気温は変わっていない。
眠ろうとするには寒いんだよな。身体を動かしていれば大丈夫なんだけどね。
ツエルトの中で足や手を動かして身体を温めよう。
でも、ちょっとくらい手足を動かしても暖まらない。
何すると身体が温まりやすいのだろうか?
試していたら、だんだん筋トレに近い様相を呈してきたぞ。

普段、全くトレーニングしていない人間に、筋トレはキツイ。。。。。
身体が温まる前に筋肉が負けてしまう。
四苦八苦しながら身体を動かして、少し汗がにじむくらいになったら全く寒さを感じなくなった。
そうなると眠気が襲ってくる。
気持ちよく眠れそうだ。
ワープ!!






2時頃、結局、1時間以上は眠れないなあ。
寒い。足が特に冷える。
我慢できない寒さではないが、安眠は難しい。
寒さをずっと我慢して身体を冷え切らせてしまうのも嫌なので、また、身体を動かそう!
でも、もう、筋肉が限界でツエルト内での筋トレは無理だ。

しかたなく外に出て、シャドウボクシングごっこをしたり、素早く足踏みしたりして身体を温める。
少し汗がにじむくらいになったらツエルトに入って横になる。
身体が温まると、また眠気が襲ってきた。
気持ちよく眠れそうだ。
ワープ!!






3時頃、眠いよ〜、寒いよ〜、筋トレめんどくさいよ〜。
今度は、外に出て少し登山道を歩いた。坂を登るといい感じで暖まる。
これがいい、コレにしよう。
こんど寒くて目が覚めたら、もういちど坂を登ろう。
天候が悪くて外に出るのもためらわれるときは筋トレばかりしてらんないよなあ。
そのときは、どんな動き方をすると身体を温めやすいのだろう?
ま、いいか。
身体が温まると、また眠気が襲ってきた。
今度はいつ目が覚めるかな?
おやすみなさい。






4時頃、寒くて目が覚めた。
筋トレで身体がだるくて眠いのに寒くて眠れない〜。
もう運動するのは嫌なので、最終手段だ。
ツエルトの中でコンロを全開!
自分は大きめなベンチから顔を出して呼吸する。これなら酸欠知らずだぜ!
あっと言う間にサウナ状態。
ああ、幸せ。。。。。

子供の頃、テントを乾かすのにラジウス2〜3個全開で放り込んで、強制乾燥させていたなあ。
瞬間的に乾くから、いつもそうしてた。
しばらく火をともしていても、ラジウスの火が消えたことはなかったから、案外酸欠なんて心配ないのかもしれないなあ。
(※保障しません、皆様自己責任ですよ!!)

サウナ状態だと暑苦しいし、夜明けのラーメンが食べられなくなると嫌なので弱火にする。
ほんわかして眠気が襲ってくる。
このまま寝込んでツエルトを倒して、コンロから延焼して火だるまになるのも嫌なので、消化・消灯。
さっさと寝る!






5時半頃。やっぱり寒くて目が覚めた。
気温はかわらず−3度。
空の色が変わり始めたので起床とした。
身体を動かしながら暖める。

こんな時間に1人登ってきた。
なぜか、とても馴れ馴れしく声をかけられた。どうやら、いつもここで合う写真家と勘違いしたらしい。
仕事に行く前、週5日登ってご来光を見ているとのこと。
すごいな〜。それだけ頻繁に山を歩けば体力付きそう。

他にも人が来そうなので、慌てて撤収。
ツエルトをたたんで場所を空ける。

下は少し霞んでいるからスカイツリーや富士山は見えないかもなぁ。

やっと、空が白んできた。

画像


長いような、短いような12時間。

やっと日の出。

画像


太陽って素晴らしい!

日が出たら次々と人が登って来た。
写真家さんもね。

自分の予定では、朝日を浴びながらラーメン食をべて、山を降りようと思っていた。
でも、賑やかになりそうなのでさっさと帰って家で寝るかな。

本当のビバークなら、これから1日行動をしないといけないんだよね〜。そりゃあ大変だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
寒くて目が覚めて、体を暖めて眠気がきて、、、の繰り返しに爆笑でした。いや〜腹筋が痛い。運動不足ですな。
なんというか、好きなんでしょうけど、本当にご苦労様でした。w
たけガス
2012/12/15 00:32
長い夜だったみたいですね、お疲れさまでした。
フライマン
2012/12/15 08:21
いやぁ、一気に拝読いたしました。
まだ12月初旬だというのに古賀志山あたりでこの辛さですから、すわっ本番のビバークだと装備不十分体力気力消耗で想像出来ないような辛さになりそうですね。
薮歩きの装備を少し考えなおさなきゃならないなと思いました。
うーーん、自分も今度家の庭でビバークごっこしてみるかな。
家だと速攻撤収があるから駄目ですね(爆)
まっちゃん
2012/12/15 08:58
夜景がきれいだー!
なにモードで撮影ですか?

先日、激寒の高速道路をバイクで走行中に発見(?)したんですが、
身動きできないときの体を温める方法として、ロングブレスが効き目ありでした。
なおべぇ
2012/12/15 10:14
大変面白く読ませて頂きました。
いや、笑ってる場合ではないんです。
私も一度試してみるべきですね。
いつも装備が不十分なのは自覚していますから。

UMA
2012/12/15 16:21
たけガスさん、何回寝ても、だいたい1時間くらいで面白いように目が覚めるんです。きっと、もっと寒くなると、それが40分とか20分とかになって、寝るなんて無理!みたいになるんじゃなかろうか?などと想像しています。
さとう
2012/12/15 20:47
フライマンさん、のんびり景色を眺めて退屈している時が一番時間の進みが遅かったですね。だんだんと、とにかく寝たいんだけど、寒さをどうにかしたい!の感じになってきて、さっさと運動してさっさと寝たい、の繰り返しでしたから、ある意味集中していたというか忙しかったです。。
(^_^;
さとう
2012/12/15 20:51
まっちゃんさん、自宅の玄関でもいいからやってみると楽しい?ですよ〜。
ケガなんかして、痛みを我慢しながら夜を明かすなんてかなり辛いだろうな〜、って実感します。いかに楽に救助を待つか。そんなことを考えてると、ついつい荷物が増えてしまいます。。。。
さとう
2012/12/15 20:54
なおべぇさん、ロングブレスって、息を止めるってこと?
どんな感じでやるといいんですか?まずは布団の中で試してみます!!
写真は、シャッタースピード優先モードで、6〜8秒でした。
自分も映るときは、それにタイマー入れて、フラッシュも設定してましたので、撮影位置に走って、10秒くらいポーズ決めてました!
さとう
2012/12/15 20:58
UMAさん、ぜひ試してみてください!
今の時期に試しておけば、「まあ、これくらい用意しておきゃ、3シーズンは死なねーだろ」な線が確信できると思います。
さとう
2012/12/15 20:59
なんか面白そうなことをやっていますね。
秋の夜長っていうより、一人の外寝は楽しさ8割、
時間の長さ2割くらいですかね。

二人居れば、日常じゃ最近はまずやらないオセロなんかやったら
暇つぶしになりそう。
花きぃとうちゃん
2012/12/16 18:33
凍死だけでなく、火だるまになる可能性もあるなんて、おそろしい(笑)

ラジオとか、携帯音楽プレーヤーは持った方がいいですよね。あと、エマージェンシーシートの効果はどの程度のものでしょうか?試してみてください。
NYAA
2012/12/17 04:50
花きぃとうちゃんさん、まあ、夜中に逃げ帰ることもできる里山なのでなんでも気軽にできますね。(むか〜し、ここでビール飲んで寝ていたら、夜中に雨が降り出して、何も持ってなかったので逃げ帰ったことがあります。。。)
(^_^;
オセロ、エマージェンシーキットに必須かも!?
さとう
2012/12/17 21:23
NYAAさん、熱湯地獄とか、いろいろ可能性があって怖いですね!
ラジオとかいいですね。そういえば、最近持ち歩かないなあ。日帰りか一泊ばかりだしやばそうならいかないし。でも、あると安心ですね。天気図用紙も買わないとかな?
シートの方は、封筒型を持ち歩いてます。
まえに、玄関で試してみたことがあるんですよ〜。(下記)
http://js-farm.at.webry.info/201201/article_1.html
シートを使うときはカッパ着用を前提で考えていたので、今回は、カッパを脱いだので使いませんでした。ダウンのロフトをスポイルしてもカッパ着用でシートに入ったほうが暖かだった可能性はありますね。次回のテストシナリオですね。
あと、最後の切り札と考えているのがポリタン湯たんぽ&ホッカイロが今回未使用で残っています。
さとう
2012/12/17 22:10
>ポリタン湯たんぽ&ホッカイロ
そんなあったかグッズがあったのなら、僕なら迷わず寒くて目が覚める段階で使っちゃうなあ。
最近ストイックさのかけらもなくなってきたアテクシ。
たけガス
2012/12/17 22:29
たけガスさん、湯たんぽに手を出したら暖かさに気持ちが崩れて下山してしまいそうな気がして、手がでませんでした。
(^_^;
さとう
2012/12/19 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
古賀志山でビバークごっこ まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる