まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS トランポのお手入れと登山靴修理

<<   作成日時 : 2013/12/01 14:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、タウンエースノア号のバッテリーが弱ってきた。

セルが自信なさげに回る。
ついつい、心の中で「ガンバレ!」と応援しちゃう。

あまり動かしてもいないので、充電不足でセルが回らないときもある。
充電器を使ってNSRのバッテリーを充電するときに、タウンエースノア号のバッテリーも充電するのが最近の休日の定番作業。
それに、バッテリーがよほど古いのか、最近では電圧が上まで行かなくなってきた。
これでは、怖くて雪遊びにいけないなぁ。
雪山で遊んできて帰ろうと思ったらエンジンかからないなんて、命にかかわる。

ということで、バッテリーを交換しました。
NSRのバッテリーが中華激安バッテリーなんだけど、それなりに使えている。
だから、車もそうしようと思っていたのだけど、大容量の国産品が通販で安く買えそうだったので、そちらを手配してみた。

画像


バッタモンが来るかな?と心配だったけど、どうやら本物のようだ。
包装はしっかりしていて、書かれている説明文の日本語もちゃんとしている。
添付の説明書などの紙質や印刷も日本的な品質。

ということで、早速取り付け。

画像


画像


古いバッテリーは、なんと8年前に入れたものでした。。。。。
こんどのは、だいぶ容量を大きなものにしたので、雪の中でも安心だ。
それに、Panasonic曰く、充電の効率もいいらしい。

さて、エンジンをかけてみましょうか!
キーをひねると、今まで聞いたことのないような激しいセルスターターの音が響き渡った!
あまりにも力強すぎて「もっと力抜いてやってください、壊れちゃうからね。」となだめたくなる感じ。
これが本来の動きなのか、大容量バッテリーの威力なのか。

これで雪遊びも安心だ!

---

登山靴が壊れかけてきた。
 − ソールがはがれそう
 − 皮に1箇所穴が開いている
 − 靴紐を通す金具が取り付けられている周辺の皮が裂けかけている

画像


15年以上前のもの。
だいぶ古いから新しいのを買ってもいいんだけどねえ。
登山靴は高価だし、修理できるんだったら修理したいな。これも費用しだいだけど。

向こうに住んでいたときに、新宿のICIで買った。
なのでICIへ修理に持っていってみた。

まず、工場に送って、修理の見積もり金額を出し、その金額で大丈夫だったら直してくれる流れ。
先週末(11月下旬)にICIへ持ち込んだが、修理完了は年明けになるらしい。
それは残念。金精峠を通れるうちに、白根周辺徘徊ができなくなってしまった。

ソールの張替えは\22500、穴あき修理が\3600とのこと。
それならもう少しがんばれば、新品の素敵な靴が買えちゃうよ!

と、いうことで、ソール再接着\3350、穴あき修理\3600で延命することにしました。

修理見積もりの診断では、経年劣化でゴアブーティがご臨終。
最接着はソールの一部になるので、ほかの部分との強度差から、変な壊れ方をしていく可能性があることは示唆された。
でも、突然壊れるわけではなく、予兆はあるはずなので、それから考えよう。
そして、靴紐を通す金具が取り付けられている部分の皮が裂けそうなことについては、まだ、皮の厚みがあるので大丈夫とのこと。皮が裂けてから修理すればいいらしい。
歩いている途中に皮が裂けても困るから事前補強したいという思いがあったのだけど。
ま、そんな気配がしてきたら、今度は買い替えかな。

浸水防止に、防水のワックスをしっかり摺り込まないといけないな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トランポのお手入れと登山靴修理 まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる