まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS 古賀志山でビバークごっこ 2013

<<   作成日時 : 2013/12/15 20:04   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

<ご注意>
記事の中では、思うところを好き勝手に書いていますが、正確な医学的情報であることを保障するものではありません。
自分が見聞した範囲で、自分なりに解釈しているだけです。
僕は責任持ちません。
鵜呑みにしないでくださいね。

-----

なんだか、毎年恒例となってきました。古賀志山でビバークごっこ。
何が楽しいのだか、自分でもはっきりしないんだけど、なんか楽しい。
非日常な遊び?だからかな?

一昨年は、皆既月食の日だったので、かけてゆく月を眺めながら楽しく過ごせた。
山に入った時刻も遅かったので、あっという間に朝が来た。

昨年は、本当のビバークですごすくらいの時間をかけてみたかったので早めに山へ入った。
夜半からは寒くて眠れず、1時間おきに筋トレして身体を温めつつ朝を迎えた。

今年は、筋トレしたくないな〜。
普段からトレーニングしているわけじゃないから、突然やると全身ズタボロになる。
さてさて、何して過ごそうか?
いやいや、基本的に何もせずじっと朝を待ちたい。
計画外の野営といっても、たっぷりある非常食をたらふく食べて、酒飲みながら充実した夜を過ごすことだって、荷物さえ持っていれば可能だ。
だけど、もっと、ひもじい思いをしながら朝を待つほうがトラブル対応訓練っぽくて楽しいよな。

低体温症になるとどんな感じになるのだろう。
自分ではどのように感じるのだろう。
正しく対処が取れるのだろうか。

体温が35〜34度に下がると震えが出る。このときに体温を上げられず、33度以下になると意識障害が出てくると聞いたことがある。
血液中の酸素が、どうのこうののホニャララで大変なことになるらしい。
身体の冷え方も、体表の冷えと、内臓まで冷えたときで感じ方や乗り切り方が変わりそうだね。

一応、雪遊び装備一式を持っていく予定だ。
季節風が吹き荒れる場所でもないので、風に体温を奪われることはない。
気温は強い寒波のときでもせいぜい氷点下5度。そんな予報でもない。
身体に震えが出る状態になったとしても、それ以上体温を下げないような対応は確実に取れる。
一抹の不安は、やはり、雨による濡れの影響。

前週に見た週間予報では、ビバークごっこ当日に傘マークが付いていた。
雨に濡れたまま夜を過ごす辛さってどんな感じかな?
ちょっとドキドキしてきたぞ。

でも、大雨が降る予報ではないから、ズブ濡れになることはないだろう。
いつも持ち歩いている着替えもある。
着替えてもなお辛い状況になるほど雨が降る予報ではない。
ツェルト張って合羽着て座っていれば、多少の雨がツェルトに入っても乗り切れる。はず。
昔、北アでテントが水没したときでもシュラフカバーに入って寝てたしな。
今回、水没することは無いだろうから合羽で眠れる、はずだ。

なーんて思っているけど、間違って逝ってしまったら恥ずかしいよ〜。
まあ、やばそうな雰囲気になったら、1Hかからず下山できる里山なので逃げ出せばいい。
深夜で大雨でも行動できるルートだから動けばいい。
我慢しすぎないようにだけすればよい。

でも、体温が下がったときはどうしようかな。
体温が下がりすぎたときは、風呂に入ったり温かい飲み物などを摂るとショック症状が出る可能性もあるそうだ。
意識障害が出ているようなときじゃなければ大丈夫な気がする。
加温される部分と冷え切った部分の差がショックを引き起こす。
温風による加温が良いと聞いたことがある。

ツェルトの中でコンロ炊いてサウナにすればOKじゃん?
酸欠・火だるま注意。
コンロのバーナー部分をなくしてしまったので、買ってくるかな。

チョコと温かい飲み物で楽になったとも聞いたことがある。
チョコか〜。
チョコを食べると、どれだけかわるのだろう?
というか、冷える前から食べ続けていれば糖分が熱に変わって冷えない?
チョコ実験してみるか!

よし、今年のテーマは、「チョコで寒さはしのげるか?」でいこう!

チョコは、たくさん持っていってみよう。
根拠なく1日分くらいの2000kcal摂取をターゲットにしてみる。
運動に使う力ではなく、ただ体温を維持するためにガンガン糖分を燃やすには、いい感じの量じゃない?

スーパーに買出しに行ってみるとビックリ!
チョコレートの袋でカロリーを確認しながら候補検討していると、2000kcal分って、かなりの量を購入する必要があることがわかった。
そんなに買ってしまうと、寒さとの戦いというより、「10種類のチョコレートを食べきるまでは帰れまテン!」な、イベントになってしまいそうだ。
想像するだけで嫌になる〜。

無駄に買いすぎてもしかたないので、1000kcal分購入する。

-----

12/7当日

天気予報は変化して、雨の確率は無くなった。
冷たい雨も試してみたかったんだけどね。残念。

昼時に装備をまとめていたら電話が鳴った。
ICI からの電話で、登山靴の修理が終わったとのこと。
年明けの予定だったのに早かったな。
靴の不具合の根本対策でなく、延命措置だけに留めてもらったので早く終わったのか。
せっかくだから、靴を引き取ってから古賀志山に入ろう。
体重が重いから、しっかりした靴のほうが歩きやすいんだよね。

ICI 経由となると、そろそろ家を出ないと山に入るのが遅くなる。
明るいうちにビバーク態勢に入りたいんだ。

あわてて出発。

-----

15:30頃歩行開始。

画像

富士見峠では夕日がまぶしい


慌てて家を出たので、デジタルカメラを忘れてしまった。
携帯電話のカメラで、どの程度、写真が取れるかな?

ほかにも忘れ物ありそうで怖い〜。

画像

太陽は山の陰に


16:00過ぎ、ビバークごっこ場所になる見晴らしへ到着。

太陽は山の陰に隠れて、薄暗くなってきた。
歩いているときには何組かとすれ違ったけど、この時間になると、稜線に人はいない。

画像


気温は3度。
寒気が入っているわけでもないから、明け方の最低気温は0度前後くらいかな?

風は微風。
フリースのままでも冷えるほどではない。

街には、明かりが灯り始めた。

画像


見晴らしの岩の上にダイソーの銀マットを敷いて座る。
この100円の銀マットがあるのと無いのとでは、快適さが雲泥の差となる。
必携品だ。
マットなしで地面に直だと、夏場でも眠れない。

画像

あしたまで、こんな感じで行けるかな?


身体を冷やす前に、持っているものはすべて着込む。
雪遊びのレギュラー装備一式だ。
いまのところ、快適。

雪の中だと、さらに10度は気温が下がるから、辛いだろうなあ。。。。

画像


そうそう、チョコは、これでだいたい1000kcal。

私は、お子ちゃま味覚なので、ビターなやつは嫌いです。
クランチ君が21kcal×28枚=588kcal。
アルフォート君が360kcal。

これを食べきるだけでもあしたの朝になりそうだよ。
当初目標としていた倍の量、2000kcal分のチョコレートなんて、とても食えない。
そもそも、そんなに山歩きで持ち歩かないし。
というか、いつも別の非常食(アルファ米)を持ってるし、チョコ地獄って、実験して意味あんのかよ?

「チョコで寒さはしのげるか?」のテーマを設定したけど、あまりにも安直で単純すぎやしないか?
ネットにも書き込んじゃったんだよな〜。やべー。
なんとか、意味を持たせないと恥ずかしいことにならないか?

チョコで生き返った話なんて、何も持たない人が遭難して、ひもじい思いの末に救助されて、そこで感じたことじゃないのか?
そもそも昔から、ほかの人より過剰装備の自分としては、チョコで感動したりしないんじゃないの?

ここにきて、何を悩んでいるんだ。
きっとほかの人は、テーマを思いついた瞬間にこれくらいのことを考えて、こんな変なことしないんじゃないだろうか。
すげー恥ずかしくなってきたぞ。
なんとか意味を持たせないと!
考えろ。。。。

そうか! 糖分と、炭水化物の燃焼タイミングの違いで意味を持たせられそうだ!
チョコレートはすぐに燃焼するけど、炭水化物は時間がかかる。
どれくらいの時間差があるのかわからないけど、このへんは実験のネタになりそうだ。

だとすると、食事のとり方を変えたほうが良いかもしれないな。
きょうは、チョコを食べるけど、ちゃんと晩御飯も食べる予定だ。
晩御飯は夜食として後回しにして、それまでの間は、チョコレートを食べながら寒さの感じ方を観察してみようかな。

太陽が沈むと空気が動き始めた。
風が出ると寒い。
ツェルトを被って、顔だけ出して、景色を眺めながら時間をすごす。

画像


雨具で風がブロックされているはずなのだが、もう一枚外側でブロックできるようになると、それだけでも暖かい。
風は、少しずつ強くなってきた。

暗くなったが、まだ17時過ぎだ。
景色も見飽きたし、退屈になってくる。
携帯電話で遊んでいたが、バッテリー残量が減ってきた。万一に備えて温存しないと。
仕事のことを考えるのもな〜。せっかく遊びにきたんだしな〜。でも、時間はいっぱいあるんだよな〜。
退屈だな〜。

よし! そろそろ、新兵器を出しちゃおうかな?
タッタリラッタッタ〜(ドラえもん風) 「小型ラジオ〜!!」。

最近は長期で山に入らないし、携帯電話を使って行動直前に詳しい気象情報が確認できるのでラジオは持ち歩いていないのだけど、退屈しのぎになりそうだから、ICI に行ったついでにヨドバシカメラで買ってきたんだ。
電池を入れて、スイッチオン! スイッチオン! スイッチオン! ・・・・・・。
電源入らない!! 初期不良? マジかよ!
と、いうことで、サックに放り込む。
ガッカリだ。

ああ〜、それにしても退屈。

眠くないけど寝るしかないかな。

目をつぶってタイムワープを試みるが、ウトウトするものの熟睡には至らない。
目覚めるたびに時計を確認するけど、10〜20分くらいしか時間が進まない。
まだ18時過ぎだ。先は長いぞ〜。

少し冷えてきたので、チョコレートでも食べてみようかな。
クランチ君を開封して、ほおばる。
1粒21kcal。
サクサクして美味しい。
合計3粒食べてみた。 63kcal。
しばらくノンビリしてみたが、何も感じない。

そりゃあそうだよな、今までの人生で「チョコレートを食べたら、なんかみなぎって来たぞ〜!!」なんて経験ないもんな。
辛口ラーメンなどを食べると、食べるそばから汗が噴出す経験はあるけど、チョコではそんなことないし。
やっぱり、「チョコで復活」って、ひもじい思いした遭難者じゃないと味わえないことかもしれない?

今日の昼食は遅めの時間だった。
ICI に寄りつつ、途中で食べた、すきやの牛丼大盛り卵セット。
なんかね、いまは、それが燃えてる感じがするんだよな〜。
炭水化物 LOVE!
やっと、大盛りごはんのでんぷんが分解されて糖分となり、血液に乗って身体中を駆け巡っている、そんな気がする。

うたた寝を繰り返しながら、クランチ君を時々ほおばる。
全くチョコパワーを感じない。
量が少なすぎるかな?

20:00頃

タイムワープするもなかなか先へ進まない。
チョコをこまめに食べるのも面倒になってきた。
チョコの投入量を増やしてみるかな。

画像


家のおやつセットの余りモノに、キットカットのちび袋があったので持ってきた。
こいつは、小さいけど1袋70kcalのハイカロリー食品。
これを2袋と、クランチ君を3個、合計200kcalを集中摂取してみる。

ウトウトしていると、身体が温まってきた気がした。
胴体がホカホカする感じ。胸が暖かい。
糖分の吸収は小腸か。
胸が暖かくなっていいのか?それって、いわゆる胸焼けでは?
でも不快な感じはしない。
体温が湧き出てくる感じ。

20kcalの一口をつまむよりも、ある程度まとめて食べたほうが判りやすいのかもしれない。

でも、だんだんチョコレートにも飽きてきた。
スルメイカを炙って噛み締めたい。。。

22時くらいになったら晩御飯を食べようかな。




22:00

時計を見ながら22:00まで、なんとか我慢した。
チョコレート、もう食べたくない〜。
今日のメニューは、卵スープで煮込んだ野菜鍋で、締めにラーメンだぜ。

ザックから食料を引き出すと、野菜がない。。。。。。
準備中に ICI から電話が来て、慌てて家を出たから野菜を忘れてきた!!
チキショー!!

画像


仕方ない、いきなり締めのラーメンだ。
暖かさと塩分に身体が緩む。

気温は1度。
この時間になって無風になった。
風がないと暖かく感じる。
街明かりも少しずつ数が減ってきた。
往来の車も少なくなった。

画像


2:00

腹が満たされたこと、無風で暖かなことから気持ちよく眠ってしまったようだ。

身体が冷えた。
気温は変わらず1度。
でも、また少し風が出てきた。
寒い。

ここからチョコレートの効果を試せるな!
と思いつつ、クランチ君を数枚食べて寝てしまった。



3:30

足が寒い。
気温は変わらず1度。

なんか、もう、チョコレート食べたくないなあ。
眠くて面倒だけど、寒いから動いちゃおうかな。

登山道を少し下って登り返して身体を暖める。
何往復かしたら身体が暖まった。
暖まると眠れそうな気がしてきて横になる。



5:00

早くも誰かが登ってきた。
ライトの明かりで照らされて目が覚めた。
2人組のカメラ野郎だ。

見晴台を占有しているので慌てて起床。
荷物を整理して、ツェルトをしまう。

カメラ野郎は、でっかい三脚を広げていろいろ準備している。
少し撮影も始めたようだ。
まだ、地平に夜明けの気配は見えない。
日の出は6:20頃との話をしていた。

岩の上に銀マットを敷いてゴロゴロしながらテルモスのお湯でコーヒーを飲む。
ほどなく空の色が変わり始めた。

画像


気温は1度。微風。
眠ろうとするのではなく、起きて活動していれば寒さを感じない。
コーヒーを飲みながら日の出を待つ。

画像


見晴らしには、さらに2組が登ってきた。

地平の位置に雲があって太陽がなかなか顔を出さない。

画像


日の出の時刻から20分ほど遅れて太陽が顔を出した。

日没からずっと同じ場所に座って眺めていると、太陽が回ってきたのを実感できる。
あちらに行かれたのに、そちらからお越しですか?って気分。
地球の裏側をぐるっと通って反対側から出てきたよ。
なんか、すごいね。


結局、チョコレートは、クランチ14枚、ちびキットカット2つの400Kcal程度しか食べなかった。
食べるなら、量をまとめて、200kcalくらいを食べると、燃焼が体感できるかも。
結果がまとまらないグダグダの内容となったけど、そもそもテーマ設定と望み方に問題あるよね。
ま、最初は退屈で死にそうだったけど、楽しく一夜を過ごせました。

アルファ米だろうと、チョコレートだろうと、食い物があれば万が一のときも安心だね。

おはぎなんか、いいかもしれないな。
あんこの糖分でスタートダッシュして、お米のでんぷんで持続性を出す。
シャリばてにも効果ありそうだ。
最近、歳をとってきたせいか餡子がすきになってきた。

今度は、おはぎを買って歩いてみようかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
相変わらずマニアックで面白い企画っすね。自分はツェルトいつも持って行くけど使った事が無いんですよね。今度試してみるかなあ。前にテン場でツェルトの人に聞いたら結露でビショビショになるって聞いたんでちょっとためらうんですが、なんか結露対策ってあるんですかね。
ZEP
2013/12/15 22:03
ZEPさん、私もあまり使い込んでいませんが、気になるほどではないですね。確かに今回も結露していましたが、ダウンのロフトを殺すほどの水量ではなかったので気にしてませんでした。対策というよりアバウトさが重要かもしれませんね。
(^_^)

薄布一枚なので乾かすなら酸欠炎上注意でコンロ5分って感じでしょうか。
さとう
2013/12/17 22:48
ビバークごっこ、避難訓練 実践編ってとこですね。
こういった経験、役に立つ日が来ない方が良いけれど、
来た時にはきっと役立つんだろうな。

自分はこの前降った雪の後に、ちょっとだけ雪道ハイクに
行って来ました、
雪の有る山歩き楽しいかも・・・・

でも、コース全部雪道だと(;一_一)かも・・・
花きぃとうちゃん
2013/12/24 11:58
花きぃとうちゃんさん、もっと激しい環境を味わってみたい想いがあるのですが、遊びの範囲を越えそうなので踏み出せません。
雪歩き、なかなか楽しめたようですね! スノーシューでのハイキングなんかもいいですよ〜!
ほんと、ご近所ならいいのにな。
さとう
2013/12/26 22:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
古賀志山でビバークごっこ 2013 まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる