まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS 於呂倶羅山の手前まで

<<   作成日時 : 2014/01/28 00:07   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

手前までシリーズ、一個追加になりました。
くやし〜!!

〜〜

1/13

3連休の最終日、雪遊びしたい。

国土地理院地図ではルートが記載されていないので気にしていなかったのだけど、にゃー隊長さんにいわれてから気になりだした。
それなりに踏み跡があるようで、ヤマレコでは記録が出てくる。
ちょうど、年末に登った山王帽子山の隣だし、標高は若干低いし、これなら山頂も楽勝だね!!
ということで、於路倶羅山に決定!

念のため余裕を持って前回より早く家を出た。

画像

きょうは、歩きながら日の出をを迎える


光徳の駐車場では、カップルと、おじさん、そして俺の3組が準備していた。
先頭を切って出発。

山王峠への道、前回は自分で適当に登ってしまったが、一般的に使われている登山道の夏道を探してみた。
どうやら夏道は、国土地理院地図と違うルートのようなのだ。

前回踏み込んだところよりも、もう少しクロカンコースを進んだところに踏み跡をみつけた。
連休中ということもあるだろうが、しっかり踏み固められている。
よしよし。
これだけ固められていればツボ足のほうが楽で速い。

画像

晴天は望めなさそうだ


ツボ足で気楽に歩けたおかげで、年末は2時間かけた峠への道も1時間ですんでしまった。
これなら山頂まで、超余裕じゃん?

林道に出ると、年末よりもだいぶ雪が深くなっていた。

画像

これくらい雪に埋もれていると、いい感じ


ここから、吹き溜まりの林道を1kmほど歩く。
ツボ足だとつらいので、スノーシューを装着。

これ林道歩きが余計だよなぁ。なければもっと楽しめるのになあ。
この場所は風が吹き抜けるので寒い。
風速10m程度か。

画像

於呂倶羅山は左上


於呂倶羅山の取り付き部分、高圧線の鉄塔前と1789mの小ピークが、ちょっとした岩場らしい。

鉄塔前の岩場は、岩と雪の隙間に落ちないように慎重に確認しながら踏み固めて乗り越えた。

1789mの小ピークは西側からトラバースするつもりでいたが、こまめにリボンがついているので、「もしかしたらトラバースの道にもリボンあるかも?」と思っているうちに雪をかぶった岩場になってしまった。
スノーシューで登る感じじゃないけど、無理やり足場を作ってよじ登る。

なんとか小ピーク制覇。
向こう側に降りようとしたけど、雪の状態がわかりにくく、岩との隙間の穴なんかに挟まって動けなくなるのも怖いので、結局、戻ってトラバースすることにした。

小ピークの裏側に回りこんで時計を見ると、なんと山王峠についた時間から2時間も経過していた。
いったい俺は何をしていたんだ?
時間をかけたつもりはないんだけどなぁ。
よっぽど岩場でもがいていたか?
それもあるけど、山王峠からの林道歩き約1kmでもだいぶ時間をかけてしまったかもしれないな。
ラッセルだったから仕方ないね。

さて、そうなると、時間の余裕がなくなったぞ。
楽勝だと思ってたけど、山頂までいくのは難しいかもしれないな。

標高が1850mくらいになった頃に、だいぶバテてきた。
体調がいまひとつだ。
残りの標高差は200mもないくらいなんだけど、今のままだときついな。
疲れを深めた上に、山頂直前で引き返すくらいなら、ここで引き返そう。
時間に余裕を持たせて、風が当たらないところでのんびり休んでから帰ろう。

山王峠までの林道歩きが思った以上に辛かった。
これは、早めに引き返して正解だったな。

峠から少し下った樹林帯の中で昼食。
本当は、お湯を沸かしなおして熱々のラーメンにしようと思っていたのだけど、テルモスのお湯のままでラーメンを食う。
だいぶ疲れた。

踏み固められた雪道は、疲れた身体でもツボ足で快適に歩けるので、、それが救いかな?

今シーズン中に、リベンジしたいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
しずかっていいます(σ´・v・`*)おはつですん。まずは、ほどほどにさんのブログ好きすぎます☆*+:。.。イィ(o´Д`o)ィイ。.。:+*今日は恥ずかしかったけどコメントしちゃいました(o^∇^o)実は最近、まずは、ほどほどにさん自 身にも興 味がですね…σ(*´∀`照)えへへもしよかったら、仲良くなりたいなって(σ´・v・`*)連絡くれたら嬉しいな(*ノ∀`*)それじゃ待ってますですo(^-^)o
shijuju@docomo.ne.jp
2014/02/05 19:53
しずかさん、コメントいただきありがとうございます。
興味を持っていただきうれしいです。
ぜひ、またコメントくださいね!
さとう
2014/02/08 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
於呂倶羅山の手前まで まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる