まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS 古賀志山でカメラ遊び  <夕方編>

<<   作成日時 : 2014/05/01 11:00   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

自分でタイムラプス動画をつくってみたい。
素敵な景色を前にして、ここぞというときに失敗しないよう、まずは練習だ。

前回は、日中帯の撮影をしてみた。
春霞でいまひとつの景色だったけど、動画への落とし方の手順も含めて一通り理解できた。
パラグライダーの動きは、動画ネタとして楽しめるものになりそうだったが、雲の動きを撮ることを意識した4秒のインターバルで撮影してしまったので、荒すぎて見られる動画にはならなかった。
肉眼で動きがわかるものを撮影する場合、1秒以下のインターバルにしないと間隔があきすぎるのかもしれないな。
いろいろ試してみよう。

花が開いていく動きとか、雲がゆったり流れていくとか、星が回っていくとか、そういうものにこそタイムラプスの真価が発揮されるんだろうな。
モトクロスの走行シーンなんかじゃ、あまり面白くなさそうだ。
間引き撮影というよりも超高速撮影でスロー再生のほうが楽しそうだもんね。
車体や操作の動きが見えてきそう。

さて、撮影の壁になる課題としてはインターバルの選択のほかに、明るさの変化をうまく捉えて撮影する必要がある。
やっぱり、日没や日の出の撮影をしてみたいもんね。

画像


ネットで情報を集めて見ると、マニュアルモードで撮影して、途中で絞り優先にモードを切り替えたりする手法をとっている人がいたので真似してみることにしよう。

日没の前後で撮影して、暮れ行く街と瞬き始める街明かりをうまく動画に収められるか練習だ。
そして星の撮影もしてみたいな。
やっぱり近所の古賀志山がいいね。


〜〜


この時期の日没は18:25くらいだから、余裕を持って17時には上に着けるように出発だ。
どうせだったら、そのまま上で酒飲んで寝てきたいけど、あまり遊びほうけているのもまずいので、夜半には戻ることにする。
夜間行動が前提となるため、リヒトはメインとサブの2個もちで、予備電池と、歩行前の点灯チェックも忘れない。

先日訪れた日中帯と違い、夕方の山道はさすがにひっそりとしている。
すれ違ったのは1組だけ。

画像

富士見峠では、木立の向こうに夕日が見えた。

さて、この峠で逡巡。

アプローチの道のりでは、空気が霞んでいて山は殆ど見えなかった。
登って街の方向を眺めても見晴らせないだろうな。つまらない映像になりそう。
夜半になって霞が取れてくれば見えるようになるかな?

日没は街側でなく、山側で太陽の動きを追いかけてみることにしよう。
太陽であれば霞を通しても見えるから、街方向よりも変化のある絵になるだろう。
日没前後での光量の差も大きいから練習にも最適かな。

前回の場所、少しだけ位置を変えてカメラをセットする。
画像


マニュアルでのフォーカス設定が、本体の液晶画面ではとても難しかった。
長時間かけて撮影しても、持ち帰ってみたらピンボケだと悲しいので、ヤフオク中古で液晶ビューファインダーを入手。
ファインダーを覗けばピント位置がはっきり見えるようになった。
花に寄ったりするときのピンと位置を調整しやすくなったので、写真撮影をより楽しめるようになりそうだ。

カメラをセットして撮影を始めると、後は待ち時間。

静かで良いね。
この遊び、はまりそうだな〜。
撮影が終わるまでの待ち時間ののんびりタイムがいいね〜。

散歩していたらアリ地獄の巣がたくさんあることに気がついた。
画像

久しぶりに見た。

日が沈むと、風が強くなってきた。
おかげで、少しずつ霞が取れてきた。
雲も晴れてきたから、夜半になると星が見えるようになるかもしれないな。
23時くらいには家に帰ろうと思っていたけど、星の撮影を練習するいい機会になりそうだ。
月の出がAM2時過ぎなので、その時間まで粘ろうかな。
そこまでいたら、日の出は4時過ぎなので日の出までいてもいいかもな。
結局徹夜で遊ぶのか。
あとでカミさんに連絡しよう。

さてと、場所を移動して夜景の撮影をしてみるか。
日が落ちるとあちこちで動物の声がし始めた。
リヒトをともして見晴らしに移動する。

宇都宮市街を見晴らせるようになってきた。
画像

この時間に来て正解だ。

さて、どのように写そうかな?
遠くの街を写しても動きのない絵になる。
雲が動いていればいいのだけど、そんな感じでもない。
足元の写真でも撮ってみるか。
都会と違って寂しい絵だけど若干の動きはある。

撮影を開始したら、晩御飯だ。
準備をしようと思った矢先に携帯が鳴った。

なんと、外出していたうちのかみさん、家の鍵を持ち忘れて車で時間をつぶしているらしい。。。。
これから片付けて帰っても1時間半は待つことになる。
外で飯を食ってもらって、俺も飯を食ってから降りることにする。

卵スープなべのラーメン締め。

画像


意外に風が冷たくて身体が冷えたからホッとする。

画像


天頂の方向に星が見えるようになってきた。
飯を食い終わるまでのあいだ、少しだけ夜空を写してみよう。
3時間くらい写さないと尺が足りないんだけどね〜。

まとめてみると、こんな感じになりました。



やっぱね、天気のよいときに山に行って写してみたいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ハマってますね〜。セカセカしなくていいのがGoodです。
たけガス
2014/05/02 01:01
たけガスさん、アチコチで、イロイロ試したくて仕方ないです。目的を持ってのんびりできるので、楽しさ2倍。
でも、ショックな情報も。
聞いてみれば当然の話なのですが、先が思いやられます。
詳しくは、次の記事にて。
さとう
2014/05/02 21:25
な、なんだ????
気になるです〜
続きは早めで♪
たけガス
2014/05/03 23:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
古賀志山でカメラ遊び  <夕方編> まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる