まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS 半月山、徹夜で写真遊び

<<   作成日時 : 2016/06/05 12:16   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

日光中禅寺湖と男体山そして天の川の写真。
星景写真として綺麗に写したいけど、暗いレンズしか持っておらず、手動赤道儀でなんとか天の川を写しているので、地形がぶれてしまって厳しいですね。
今年中には明るい広角レンズ1本欲しいな。

〜〜

梅雨に入る前に、星の写真を取って遊びたい。
今まで行ったことないところに行きたいな。

何処に行くか考えていたときに、半月山展望台の見晴らしが良い事を、O先輩から教えてもらった。
立ち木観音の駐車場から半月山に続く道路の行き止まりまで7Kmくらいで標高差300m、そこから展望台まで標高差150mの山歩き。
下からずっと山歩道もあるけど、帰りが楽だからMTBで道路を走ろう。

自宅付近は霞んで見晴らせなかったが、中禅寺湖まで来ると青空がみえた。イー感じ!
画像


MTBで道路を登り始めると、あっという間に辛くなって休憩。
画像

ロードサイクルの人のレポートだと20分程度で登りきるらしいが、自分は1Hを想定している。でもこのペースだと1Hも怪しい?
自転車、普段は近所の買い物くらいでしか乗っていないので、坂道がツライ。。。。
サイコンで速度を見てみると、傾斜が強い場所では時速5km。しかも馴れない自転車ヒルクライムで身体的ダメージが大きい。
このまま自転車で登り続けるべきか悩みながら休憩していたとき、時間節約のため、歩いて自転車を押し始めた。
すると、なんということでしょう!
歩いて自転車を押すと時速6kmではないですか! ペダル漕ぐより早いじゃん。
しかも身体的ダメージはほとんどない。
所詮、自動車用道路の傾斜など山登りの視点で見ると平地同然。歩くのは苦にならない。
いままで必死に徒歩より遅い速度でペダルを漕いでいたのか。。。。損した。

ということがわかってから、斜度にあわせて漕いだり押したりを繰り返しながら途中の展望場所にたどり着いた。
画像


画像


画像


画像


日が暮れても、1時間ほどは明かりなしでも行動できる。
日没をのんびり眺めてから、道路の終点の駐車場を目指す。
終点では 南東−南−西−北西 方面が見張らせる。

この日は23:30頃に月が出る。
計画は、23時頃まで道路の終点で天の川を狙い、そこから登山道を登って半月山の展望台まで行き、北方向を向かって月明かりで照らされた男体山と中禅寺湖を狙ってみる計画。

終点の駐車場で天の川が立ち上がる21時くらいまで休憩だ。
ベンチに座って星空を眺めながらラジオを聴いている。

大きな流れ星が流れた!
写真に撮りたかったな。
ということで、とりあえず無目的でも空にカメラを向けて露出させておけば、偶然流れ星が撮影できるかもしれない。
カメラをセットしてから、しばらくベンチで星を眺めていた。
でも、天の川が立ち上がってくる南東方向の霞が一向に晴れない。
西と北方向は晴れてるんだけどね。

このままボケッと待ってても期待できなさそう。
せっかく来たのに時間を無駄にしたくない。
でも、焦って動いてチャンスを逆に逃したくない。
どうしよう?

結論、作戦変更とする。
現在2030。ここは諦めて、月が出る前に半月山展望台まで移動して、中禅寺湖と男体山の周りを星がグルグルの写真を撮ってみよう。
月が出てからは、月明かりに照らされる男体山を狙ってみよう。

終点の駐車場から半月山の展望台までは150mほどの標高差で登山道を登る。
夜に知らない山道は歩かない、個人的な掟を設けているのだが、今回は解除。
人が多い場所なので踏み跡が明確である可能性が高い。また熊笹が茂っているのは遠めに見ていたので、初めての夜間でも道を見失う可能性は低いと考えられる。そもそも距離が短い。道を誤ったら薮を漕いで強行突破も苦ではない距離だ。

山道を登ってみると、熊笹がだいぶ湿っていた。夜露が降りているんだね。
鹿が多い。なぜか近くまで寄ってきて、ピーピー泣いているからうるさくてたまらない。
2100 ほどなく半月山の展望台に着いた。

半月山の展望台は 北−西ー南 方向に見張らせる。
残念ながら天の川の写真は難しそうだね。

男体山の周りの星グルグル写真を目指してカメラをセッティング。1時間半くらいは連続撮影かな?
あとは待ち時間だ。
気温は7〜8度かな?風は微風。
展望台に銀マットを敷いて、ダウンジャケットとダウンパンツを着て横になる。
星空を眺めているうちに寝てしまった。
画像


2230 目覚ましがなって起きだした。
夜露で手すりが濡れていたけど、カメラはレンズヒーターのおかげで大丈夫だった。よしよし。

空を見渡してみると、何とか天の川も見えるようになってきた。
画像


月が出る2330までに天の川撮影を楽しまなければ。
月が出てくると、星が一気に消えて行った。
でも、思ったような月明かりの下の写真は撮れなかったな。満月を狙わないと駄目かも。

さて、最近の日の出は 0430 くらい。
そうすると 0230 くらいからは夜明けの空の色の変化を楽しめる。
せっかく来たのだから、夜明けを眺めてから帰ろう。

0230 まで展望台の床に敷いた銀マット上で仮眠。
足首が冷える。。。

目覚ましがなって、起きだした。
少しずつ白んでくる空を楽しむ。
画像


日が出るとすがすがしい朝になった。
画像

心なしか初夏の日差しにも感じてしまう。

中禅寺湖畔の凹凸のラインが綺麗。
画像


この角度から戦場ヶ原を眺めることはないので、新鮮な感覚の絵だ。
画像


日が高くなってきたところで撤退。
画像

こんな気持ちよい山道だったんだね。

終点の駐車場からは、最初だけ登り坂。後はずっと下りで、ものの10分で下り切ってしまった。
このために、昨日押して歩いたんです。
カーブでは猿と鹿に注意。
昔、カーブ直後の道路上で車座になってのんびりしている猿の群れにオートバイで突っ込んで、こっとが死ぬかと思ったこともあったからね。

カメラがもう一台欲しくなってきた。
星空撮影遊びで待ち時間が長すぎる。
もう一台あれば、もっと充実した時間が過ごせる。
ヤフオクで中古とか探してみようかな。

俺の機種だと8000くらいでボディの中古が買えるんだよね。
もう少しいい機種を狙おうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
さとうさん こんばんは☆ミ
写真部楽しんでらっしゃいますね♪

何だか、風景写真家みたいじゃないですかッ!!

星の写真はどの様に撮っているのか気になりますよ。
ハYZ
2016/06/07 00:27
ハYZさん、コメントありがとうございます。
山歩きをしていて気持ちよい景色も写真にすると、なんだかつまらないものにしかならずに悶々とした思いを持っていたので、カメラ沼に足を踏み込んだいま、こだわらずにはいられない題材です。
(^_^;
でも、歩くときと写真を撮るときは、両立が難しく、割りきって考えないとダメなんですね。遊ぶ時間が足りません。。。
星空撮影をする人は最近増えているみたいですね。奥日光の三本松駐車場でも撮影する人が多いらしく、先日夜中に行ってみたら、広い駐車場にたくさんの車と三脚を広げたたくさんの愛好家がいて、不気味で、逃げ出しちゃいました。
以前、日本山岳会のフォトグラブの年配の方と話す機会があったのですが、冬の山頂で雪に埋もれて夜明けを待つんだ、なんて話を聞いたときには、よくやるジイサンだね〜、くらいで流していたのですが、そんな姿にあこがれ、どんな絵が撮れるのかとドキドキするようになってきてしまいました。。
(^o^)
さとう
2016/06/08 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
半月山、徹夜で写真遊び まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる