まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS ラッセル泥棒狙いで、泥棒できず (正月、前白根)

<<   作成日時 : 2017/02/11 22:39   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

前白根にて、来た道を振り返る


正月休み、年末年始に食べまくって膨らんだお腹を少しでも減らしたい。
というか、汗をかきたいな。
ここ数年、冬場は山頂に到達できていない白根山を目指すことにした。
正月三が日だし、きっと人も多いはずだ。
ならば前白根の避難小屋から山頂へは踏みあとがあるだろう。踏み跡があれば時間が短縮できて山頂に到達できるかもしれない。
そんなわけで、ラッセル泥棒狙いで山行を計画した。

−−−−

体力不足で足が遅い自分は、時間をかけて歩きます。

ということで、暗いうちから出発。

歩き始めはスキー場を進むことになる。
暗闇、風の中で雪が舞うスキー場、予想外に歩きづらかった。
ヘッドランプでの歩行は、風に舞う雪ばかりが光ってしまい、その先の景色が見えない。
しかも、だだっ広いスキー場なので、何処に向かっているんだかサッパリわからん。
ま、慣れた場所でもあるので、「たぶんコッチ」で進んで、スムーズに登山口まで到達できた。

方向を失ったら明るくなるのを待てばいいだけだから、気にしない。
あと数時間で明るくなる。

画像


スムーズに登山口に到達したものの、迷わず到達できて、ホッとした。
雪に下に凍結部分があり、何度かスリップしたためアイゼンを装着。

画像

稜線に出る手前で夜明けになった。

画像

稜線に出たころにはすっかり夜も明けて、青い空と白い雪が綺麗だった。

画像


前白根では風が轟々で極寒。
画像

白根山頂は強い風と雲の中。
本日登っている人がいることを祈る。
ささっと写真を撮って避難小屋を目指します。

画像

避難小屋に下る道標が見えてきた。
この稜線は風が強くて極寒だから、さっさと通過したい。
でも、これでツライと言っていたら、白根山頂アタックは、厳しいかなぁ?

画像

避難小屋。
小屋の中も冷え切っていてマイナス13度。
ダウンジャケットを取り出して暖を取る。

避難小屋から先のルートに踏み跡はなかった。
画像

正月休みなのに誰も来てないんかよ!?
団体さんがしっかりステップを切っておいてくれてることを期待してたのに!!
もしかすると、強風に埋められてしまっただけかもしれない。
新雪の下に踏み跡の硬められた雪が埋まっていないか、足の裏の神経を尖らせて探り歩いてみたが見つからず断念。

小屋でカップラーメンをすすって温まったら、山頂狙いは断念して下山とした。
新雪をもがき登っても、俺の体力とペースだと、日帰りできなくなる。
明日から山は荒れそうなので、余裕を持って撤退したい。

前白根に向かう稜線まで登り返すと、だんだん空がどんよりしてきた。
画像

あ〜、なんて寒々しい景色。
ま、本気で寒いわけではありますが、鼻水が止まらない。

前白根を通過して天狗平まで下ると風も落ち着いて楽になった。
ここで2組の日帰りペアハイカーと、避難小屋泊まりのソロハイカーの3組とすれ違った。

この年末年始は曜日が悪いせいか、人が少ないな。

外山手前から白根沢沿いに下って、あっという間にスキー場に戻った。

湯元は、どんよりしていて稜線での雰囲気に近い感じがあったけど、中禅寺湖まで車で移動したら、小春日和な穏やかさ。
同じ山域でも、あまりの違いに驚いた。

この冬は、雪を満喫したいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分も歩きたいんですが、年末の丹沢で足底筋膜炎になってしまいまして、今は足の裏が痛くて日常的にも苦労しちゃってます。結構長くかかってしまうみたいです。
ZEP
2017/02/12 22:01
ZEPさん、コメントありがとうございます。
最近オートバイ話ばかりだったのは、そんな背景があったのですね!
足底筋膜炎なんてあるんですね。昔東京から宇都宮まで歩いて帰ろうとして、足が痛んだのは、それかな?
まずは、しっかりと治して、復活してください!!
お大事に!
さとう
2017/02/13 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラッセル泥棒狙いで、泥棒できず (正月、前白根) まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる