まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS 残雪の社山

<<   作成日時 : 2017/04/11 22:04  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像


3月12日の話。
日光中禅寺湖畔、残雪の社山を歩いてきました。
今回は友人のN氏と共に。

画像

日の出前、5:45 歩行開始。

歩き出してからしばらくは中禅寺湖畔の散策です。

舗装された道がアイスバーンになっていて歩きづらい。
道端の雪が積もった辺りを歩いて転倒を防止する。

関東以北で最高峰となる白根山が朝日に染まり始めました。
画像


さすがに白根は雪が多そう。いきたいな〜。
画像


これから登る社山も朝日に染まり始めました。
画像


湖畔を歩いている間に日が高くなってきた。
風が凪いでくると、湖面の波が静まってくる。
逆さ絵が湖面に映し出された。
画像


逆さ男体山。
画像


急ぐ道でもないので、湖畔で景色を眺めながら進んでゆきます。
画像

今回はN氏が一緒なので、自分も写真に入れて嬉しいのだ。

駐車場から約1H、阿世潟の登り口へ。
そこから山に入ってゆきます。
画像


阿世潟峠、ここから稜線歩き。
画像


先週はもう少し雪があったみたいなんだけどね、あんまり雪ないな。
今シーズンの雪歩きは、これが最後かな。
画像


山頂が切れてしまったけど、こんな雰囲気。
画像


この辺歩くの初めてだけど、なかなか良いね。
ドライブだと、この場所から中禅寺湖を挟んで反対側を通るため、景観が全く異なる。
夏場も散策に来てみよう。
画像


やっぱり嬉しい富士山。
画像


肉眼ではかすかな姿なので、写真では拡大!
富士山いいよね〜。
画像


山頂は展望が利かず楽しくないので、少し戻った展望のある斜面で、いつものカップラーメンタイム!!
画像


カップラーメンタイム中にタイムラプスしてみました。
上空の雲が流れていくだけですが、飛行機雲が3本入るのと、そのうち1本の影が地面を横切るのが、本人的にはちょっと楽しい動画です。


阿世潟峠からの下りは北斜面だけに、ビミョーなアイスバーンがあった。
登りは気にせずツボ足で、下りもべつにアイゼンなくても歩けるから普段ならそのまま通過なのだけど、今回はN氏のアイゼン体験も兼ねて峠でアイゼンを装着してみる。

N氏に12本爪を貸して、自分は買ってから一度も使ったことのない、20年近く寝かせていた4本爪アイゼンを付けてみた。

いやいや、4本爪でも、なんのなんの、効くじゃぁないですか。
神経使わず、ボケッと歩けるぞ〜。
4本爪はコンパクトで軽いから、残雪の時期はお守りとしてザックに放り込んでおくのが良いですね。

なかなか楽しい場所でした。
夏場と、正月くらいにも来て見たいな。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
残雪の社山、天気にも恵まれてよかったですね!
飛行機雲が流れていく景色はタイムラプスならではですね〜
山頂からさらに北に進むと景色がまた開けますので次回のランチにぜひ🎶
なおべぇ
2017/04/12 15:05
なおべぇさん、コメントありがとうございます!
返信漏れててすみません。m(__)m
情報ありがとうございます。
つぎは、黒檜まで行ってみたくなりました。(^o^)
さとう
2017/04/17 22:35
いいですねぇ、同じ関東でも北部は雪の量が違いますよね。
逆さ絵、急ぐ道でもないって時間を作るのが日常だと難しいので
山では最高、至福の時ですよね。

こちらの山は富士山と海が見えるのがセットになっていますが、
そちらの山から富士山が見えたら最高ですね!
こちらから北部を眺めて自分に分かるのは筑波山くらいですが(^^ゞ
花とうちゃん
2017/04/19 15:18
花とうちゃんさん、コメントありがとうございます!
死なない程度で、そこそこラッセルも楽しめる絶妙なエリアで、ご近所なのが自分も嬉しいです。
まぁ、先日那須で大量遭難がありましたから、やっぱり舐められませんが。
海なし県育ちだけに、視界に山が入ってないと落ちつかませんが、富士山は別格ですね。うちからだと約200kmくらいだったはす。
遠くのものが見えると嬉しいですね。
最近は、静止衛星を見つけてみたくて仕方ないのですが、難しそうだなぁ。
静止衛星は36000kmだからなぁ。
(^-^;
さとう
2017/04/24 08:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
残雪の社山 まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる