まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨漏りレインウェアで歩く根名草山

<<   作成日時 : 2012/07/14 18:13   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

7/8 奥日光の根名草山を歩いてきました。

金精峠からのピストン。
初めて歩く道。
事前にヤマレコで情報を集めてみると、金精峠へ登る急斜面の登山道が荒れていて、ハシゴをかけたりしている様子。歩きづらいみたいだ。
ここんとこ、雨降っているからね、流水でさらに荒れたりしていても嫌だよなあ。

ちょうど前日に、羽田栄治さんの講演会があって、無料なこともあり訪れていた。
羽田さんはニュース映像カメラマンだった方で、山の映像もたくさん撮影している人らしい。
それこそ、本で読んだことしかない谷川岳遭難の宙づり遺体を自衛隊が射撃でザイル切断を図って回収したなんて話、これもニュース映像として撮影していたらしい。
昭和30年代の話なので、ニュース映像といっても最近の報道映像より一歩踏み込んだ物が多かった。
山岳遭難のニュース映像を見ていると、遺体回収のシーンなどが普通に出てきて刺激になったよ。(遺体の表情などを直接撮しているわけではないけどね、遺族の悲しむ様子とかは胸に来るものがあります)

そんな場なので、先週の清掃登山に来ていた人もたくさんいたから話を聞いてみる。
ちょうど、清掃登山の時に、このコースを歩いた人がいた。
「いや、べつに、どうってことないよ、ハシゴがかかっているだけ」だってさ。なら、安心だ。

別の白髪大先輩は、谷川岳遭難の時、野次馬で見に行っていたとか。
群馬県内他いくつかの山岳会は、射撃しなくても回収できると言っていたらしいけど二次遭難を恐れての処置だったそうだ。
いや〜皆さん手練れの方ばかりで恐れ入りやす。
でも、ぼそっとつぶやいた「雨止まないと運転怖いなあ、よく見えないんだよなあ。。」に、汗。。。。。

〜〜

前夜、夜半過ぎに本降りの雨。
雲の動き、アメダスを観察していると、明け方には止みそうだ。
行くだけ行ってみて、それでも雨雲が取れないようなら温泉入って帰ってこよう。

〜〜

7/8当日

湯元から金精峠に登る道路がなんと閉鎖されている!!
なんで?下から歩くのかったるいなあ。。。
駐車場に車を入れて情報検索するもみあたらず、昨夜からの雨のせいなのか、他に事情があるのか、雨が止めばゲート開放されるのか判らない。
1時間、駐車場で時間を潰してから様子を見に行くと、作業員の人が一部の車を通している。
話を聞いてみると丸沼辺りで通行止めらしい。

手前の金精峠までなので、入らせてもらった。
ちぇっ、1時間損したぜ。

登山口では青空も拝めた。

画像


期待できるかな?

ここは、駐車場を出たらいきなりの急登。
身体が馴染む前の急登だから、超キツイ。
すぐ、後発の人に追い越された。

画像


こんな岩場がちょっとだけあったり、ハシゴもあったりしたけど、まあ、難所って程でもないね。
昨夜の雨で登山道が川になっていたら嫌だなあとおもっていたけど、そんなこともない。
昔、北穂の登山道が激流の沢になってしまい諦めたことがあったのを思い出した。

金精峠でパチリ。

画像


先行者は白根方面に行ったようだ。
中ツ曽根で登らなくて正解だと思いますよ、きょうは。
先週のゴミ拾いでもかなり歩きにくかったのに、昨夜の雨の後だと、ちょっとね〜。ドロドロになりそう。

また雲が出てきた。
梅雨時期だから仕方ないね。

切れ間に湯の湖と戦場ヶ原が見えた。

画像


足を進めていくと、だんだんガスの中になってきて、しっとりとした林の中の散策になった。
この辺から先には足跡がないので、本日の先行者はいない。

と、と思って歩いていたら、数人の話し声が聞こえてびっくりした。
足元を見ると地下足袋や、軽アイゼンの人もいる。ウェアはノースフェイスのレインウェア。
山を手入れしている人かと思って「ごくろうさまです」なんて声をかけてしまった。

画像


そして、ステキな避難小屋。

画像


中も綺麗なので、みんなで、丁寧に使いたいね。
小屋にあった雑記帳を見てみたら、さっきの人達は群馬の山屋さんらしい。
昨日訪れ、大雨に足を阻まれ避難小屋に泊まったらしい。

避難小屋の位置が地図の場所と変わっていたので、自分の位置が判らなくなって焦った。
初めての道では、ポイントを決めて何度か地図を確認するようにしているんだ。
でも、避難小屋があるだろうと考えていた場所に来てもなにもないぞ!?読みが狂った?って慌てた。
よく考えたら、小屋の場所が変わりましたっていう張り紙が何カ所かにあったよ、そういえば。

避難小屋から先は、登山道が小川になっていた。
古い登山靴、左足は水に入っても快適なのだが、右足が少し雨漏りする感じだなあ。
そのうち、ソールを張り替えるときにでも対処できるといいのだけど。

画像


ほどなく山頂が見えてきました。

画像


記念にパチリ。

画像


山頂で昼飯にでもしようかと考えていたけど、急に雨が本降りになったので撤退。
避難小屋を使わせてもらうことにする。

雨の中で立ち食いできるように菓子パンが昼飯。
最近お気に入りのコロッケパン。
これ1つで500kcalもある。

画像


そして、清掃登山で頂いたセロリとキュウリのたまり漬けが美味しかったので真似してみました。
醤油が少なかったかなあ。薄味で今ひとつ。もうちょっと味が濃いといいなあ。

結局、その後も雨は止まず、ますます強くなってきた。
まあ、土砂崩れさえなければどうということはない。
レインウェアを着込んでトボトボと歩いていくと、肩の辺りから背中に水が流れていくのが判った。
さっき、剥がれかけのシームテープを取ってしまったので、そこから雨漏りしている感じだ。

買ってから15年くらいになる、ほとんど手入れをしていないゴア合羽。
撥水性もないから蒸れるし、シームテープを剥がしたから水漏れもする。
上半身がずぶ濡れになってきたけど、まあ、車に戻れば終わりなのでいいや。
直接雨に濡れるより、ましなはず。
もう少し広い場所なら傘で歩くんだけどなあ。ま、仕方ない。

新しいレインウェアも欲しいけど、まずは、ちょっと手入れしてみるか。今さらだけどなぁ。

避難小屋の位置が変わっていました。
下記の地図に、新しい場所を記載しています。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
自分が登った時の根無草山は晴れていましたが、霞で遠望が効かなかったです。金精峠から結構距離があったので少し落胆しましたが、途中の山道の奥深さを感じることが出来た良い山行でした。

帰路に温泉ヶ岳に寄り道しましたが、ここから新避難小屋が丁度真正面によく見えました。
http://www.mattyan.sakura.ne.jp/blog/2011/08/post_259.html
まっちゃん
2012/07/14 21:51
最近バイクも山も行けてないんで欲求不満を爆発させて大型ザックを購入しちゃいました!梅雨明けまでもう少し(かな?)我慢して山に備えるぞ!

実は自分はまだ雨の日経験が無いんでこんどあえて雨の日を経験してみようかな?でもやっぱ晴れた景色が見たいっすよね。
ZEP
2012/07/14 23:32
自分も雨のせいで山に行けず、かべっち家と近場の大山で昼飯をたくらんでましたが、大雨で土砂崩れが発生し断念しました。来週はアサマなのにバイクのテンションがイマイチ、、、 早く梅雨明けしないかな、、、
soraちち
2012/07/15 10:32
まっちゃんさんの記事が心に残っていて、今回訪れてみました。
しかし、見渡せるのとガスの中では全く印象が違いますね!!
改めてまっちゃんさんの記事を読み直してみて「こんな所だったんだ〜!」って気分です。
(^_^;
天気のいいときに、また行ってみないとですね。

ZEPさん、やっちゃいましたね!これでもう、何処へでも行けますね!!
ブログレポート楽しみ!もう書いちゃったかな?この後伺います。
雨の森のしっとり感もいいんですけどね。やっぱ、遠くが見えた方が楽しいですよね。ずぶ濡れも楽しいわけじゃないし。
でも、我慢して着干しして、パリッと?乾いたときが快感です。
禁断のテントでバーナー全開決死のサウナってワザもありますが・・。

soraちちさん、きょうは何処かへ出かけたのかな?アサマの準備?
大山昼食会、楽しそうですね!ご近所だったら混ぜてもらうんだけどなあ。
バイクテンションいまいちですか!?ついに山男に転向!!
あぁ、アサマのSS楽しそうだなあ。休憩は涼しくて気持ちよさそう。
過去の想い出だと、SSでずぶ濡れな記憶がないので、きっと転向も大丈夫じゃないですかね?
いーな、いーな、楽しんできてくださいね!!
さとう
2012/07/16 14:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨漏りレインウェアで歩く根名草山 まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる