まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS この冬買って、なかなか気に入っているもの

<<   作成日時 : 2013/02/24 21:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

この冬、山歩き用に買って気に入っているもの、こんなんでした。

Lakenボトルカバー。

画像


山歩き、水分補給用にいつも500mlのボトルをぶら下げて歩いています。
貰ったボトルホルダーに入れて、ザックのショルダーベルトの下に小さなカラビナて取り付けている。
これなら、飲みたい時に飲める。

でも、この時期にぶら下げているとあっという間に凍ってしまうんですよね。
そりゃそうだ、-10度以下の環境ですからね〜。

かといって、ボトルをザックに入れてしまうと、ザックを下ろさない限り水分補給できない。
立ち止まったままで水が飲みたい。

じゃあ、ハイドレーション用リザーバーをザックに入れて、チューブでチュウチュウ吸うかというと、それも好きじゃない。
まず、残量が見えないから、飲む量の調整ができない。僕としては、これが一番のマイナスポイント。
オフロードバイクの耐久レース用に2Lのキャメルバックを使っているけど、体がオーバーヒート気味になると、水を飲んで体温が奪われる快感に、ついつい飲みすぎてしまう。
3数時間のレースなのに1時間経過前に飲み干してしまったこともある。
山歩きの途中で水がつきたときは辛かった。それを考えると、残量と飲量を確認しながらコントロールしたい。
あと、休憩時に中身を気にせずザックを椅子にしてしまうので、破裂が怖い。。
強度的にキャメルバックだとキツイかな。

そもそも、低温環境下だとチューブ内の水が凍って役に立たなくなるだろうな。

こまめに補給するにはすぐに取り出せるようにしたい。
でも凍らないようにするには?ということで、ボトル全体を覆うホルダーを使ってみることにした。
もともとのホルダーは、キャップ部分が剥き出しになっているので、どうしてもそこから凍ってしまう。

で、使ってみましたが-10度前後で、行動して数時間、残り100cc以下になるとシャーベット状なってしまうけど凍りついてしまうことはないので、行動しながら水分補給しやすかった。自分的には満足。

イワタニが取り扱っているようなんだけど、製造は中国なんかな?生地の各パーツの裁断が雑というか、形がイビツ。ぱっと見でも歪んでいるのは笑えるが、他に全体を覆うタイプが売っていなかったので仕方ない。


次はユニクロのグローブ。

画像


600円くらいで買ったのだけど、思った以上に温かい。
-10度前後の環境で、登攀じゃなければ、十分メイングローブとして使えます。

はっきり言って、モンベルのグローブより暖かい。
今のモンベルのグローブはインナーがウールだけど、俺のは、インナーが昔のフリース素材のもの。
一見暖かそうなグローブなんだけど、割と冷えるんだなあ、モンベルのグローブ。
大柄な作りだからデッドエアが多すぎて、手のひらだけではデッドエアを温めきれない感じ?

ユニクログローブは先日、奥日光のラッセル遊びで利用。
そのとき、同行した人がモンベルの現行モデルを使っていたけど、指先が冷えると言っていた状況で、ユニクログローブは、全く冷たさなし。
たぶん、この時の気温なら、自分のモンベルグローブでも手が冷えると思われる気温だ。

アウター部分は防水透湿素材とのこと。
でも、だいぶ蒸れる。
ま、モンベルのグローブも蒸れるので変わらないかな。

インナーが蒸れて湿り気を持つと、着脱時に生地が指に絡んで扱いにくいグローブもあったりするが、そんなこともない。

そういえば、オートバイ用のウィンターグローブで、南海部品のオリジナルグローブが蒸れると指に生地が絡んで着脱しにくかったなあ。もう四半世紀前の話だけど。
最近のモノは知らないけど、南海部品オリジナルの用品には呆れた思い出が多いなあ。
話がそれた。。。

実は、2011年の冬に、ユニクロで売っていたグローブの中綿にシンサレートが使われていて、興味をもっていたのだけど買い逃してしまったので、2012年の冬になって購入。
しかし、買ってみたら、モノが変わっていて、ただのフリースグローブになってしまった。

標高2000m以下の雪遊びの際、万が一のスペアグローブとしてザックに放り込んでおくには十分ですね。
僕は、ユニクロをメイングローブにしちゃおう。モンベルの、古くなったし冷えるし。

このまえ、コンロを触って少し溶かしてしまったので、次にユニクロへ行って売れ残りがあったらもう一つ買おう。
安いしね〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰してます!山歩きグッズのお話、楽しく読ませてもらってます。帰国指令を受けてからというもの、夫婦で「日本には売ってない・もしくは日本だと高額のアウトドアグッズは何か?」をテーマに色々見て回ってます。現在購入済みのものは車のヒッチに取り付けるタイプのキャリアー(日本の半額以下)、小さく折りたためてどんな種類のフューエルも使えるバーナー、BBQセットなどなど・・・いろいろ買いましたよ。さとうさん、こっちのアウトドアショップ見たら喜ぶだろうな〜。でも高品質で機能性が高いようで日本メーカーの商品も数多く売られてます。これいいなと思って手に取った商品がMade in Japanだったりすると、ちょっと誇らしい気持ちになりますよ。帰ったらアウトドアネタで一杯やりましょー!うちの主人とも盛り上がれるはずです。
かおたん
2013/02/26 23:21
キャメルを何時も使っていますが、夏場は1.5も入っていると
安心してチュ〜チュ〜やって、いきなりズズッとなって焦った事が何度か。

ユニクロ製品も結構いいですよね。
自分が行く低山程度ならユニクロダウンで充分なような。
そんな訳で2980の値段に釣られた訳ではないですが、
色違いでお買い上げぇ〜。
花きぃとうちゃん
2013/02/27 09:00
かおたんさん、いよいよ帰国ですね!
振り返ってみると、あっという間でしたね。
残りの日々を楽しんでいる様子、アメリカのアウトドア用品店なんて楽しそう!
行ってみたいなあ。きっと、1日あれこれ眺めていても飽きないだろうな〜。
あと、アメリカのオートバイ用品店にも入ってみたい〜。
円安に振れてますから高額用品は狙い目ですね。
いろいろ買い集めた用品を見せてもらいながらアウトドアでアウトドアネタで一杯やりたいですね。
帰国を楽しみに待ってま〜す。
さとう
2013/02/28 20:14
花きぃとうちゃんさん、やっぱりそうでしょ!
氷なんか入れておくと、夏場はヒエヒエが美味しすぎて、あっという間に飲み干しちゃいますよ。
ユニクロダウン、いーですよね。安いし。
やっぱり、安売りで買うのが一番!
ほかメーカーのと着比べてみたいけど、たぶん、温かさなんてそれほど変わらないんじゃないかな?と根拠なく思ってます。650フィルパワーだろうが800フィルパワーだろうが、所詮ダウン量が少ないですしね。
昨年ユニクロに行ったときに、ソフトシェルみたいなのがあったんです。それがちょっと気になっています。
まあ、ソフトシェルを持ってはいるから買いませんでしたけど、少し厚みが違うので、山での具合を試してみて使えなければ、ドテラがわりにでも使ってもいいかな?などとおもっています。
さとう
2013/02/28 20:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
この冬買って、なかなか気に入っているもの まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる