まずは、ほどほどに

アクセスカウンタ

zoom RSS 山を共にした靴たち

<<   作成日時 : 2016/08/27 13:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

去る6月、夏を目の前にして、念願の冬靴入手。

だって、安かったんだもん!!

山靴は時間をかけて、自分の足の形に合ったモノを選ぶのがセオリーだけど、そんな選び方をしていたら、お小遣いがいくらあっても足りません。
限られたお小遣いの範囲で、バリエーションを増やして行動範囲を広げるために、ぼくは、靴に足を合わせてます!!
明らかに形が違う靴だとまずいけど、それって時間をかけなくても、ある程度はわかるしね。
ま、じっくり選んだつもりでも、山で歩いてみるのと道具屋での試し履きは違うので靴擦れになることもあるさ。

てなかんじで、往々にして安物買いの銭失いにはなるのだが、そこは長年の安物選定経験でカバーだ!!
結局のところ、何も学んでいないバカな人だということ?少し、不安も襲ってくる。。。
が、値段の魅力と、微妙に靴が足に合わない部分は妥協できると長年の経験?から判断し、ラインナップを増やしてしまった。

もともと3シーズンの山靴に、厚手のソックス2枚履きでごまかしているのですが、2000m級の栃木の雪山でも、やっぱり足が冷える。だから冬靴を使ってみたかったんですよね〜。

念願の冬靴を手に入れて喜んだのもつかの間、家に持ち帰ると靴の置き場に困ることになった。
昔の靴で残しているものがあるので下駄箱に空きがない。
特殊用途の靴ばかり増えて、家族に対して申し開きが立たない。どうしよう。

古い靴の処分も考える必要がありそうだ。
どうするか悩みながら古い山靴を眺めていたら、なんだか楽しくなってきた。
結局脱線。
山を共にしてきた靴たちとの思い出を振り返ってみることにした。

------------
 初代 山靴
------------
画像

高校生(1980年代)の山岳部入部時に購入した靴。
片足1.5kg、両足で3kgの重く硬い靴。
当時のエントリーモデルらしいのだが、超ハードな靴ですわ。
これで蹴りを入れられると、超痛いんですわ。
ソックスは、分厚いウールを2枚重ねがデフォルト。
春夏秋冬使える靴だが、外から水が染み込まない代わりに蒸れるので、自分の汗でじっとり濡れる。
冬山では靴が凍らないように、抱えて寝袋に入れて寝てました。

------------
 初代 軽山靴 (キャラバンの最廉価品)
------------
画像

高校1年生のころ、WILD-1の1号店が近所にオープン。
それまで登山用品専門の個人のお店ばかりで、馴れないと入るのが怖い感じだったのだけど、気軽に入れるおしゃれなアウトドア用品店が楽しくて、買いもしないのに良く通っていました。
そのWILD-1で、すごく安く売っていたので購入した軽登山靴。
ゴアでもなんでもなく、水につかるとずぶ濡れな靴だったけど、メインの靴が硬く重いので、行く先と装備を見ながら、手抜き時に利用していた軽い靴。
当時は体重も軽く、身体能力も高かったので、靴に頼らなくても歩けましたね。
今使ったら、あっという間に足をくじいて遭難しそう。。。。

------------
 ワークブーツ
------------
画像

この靴も高校生のときに購入した靴。
ウルヴァリン社のワークブーツ。
最近輸入されているのかしら?
こんなもんを最初は通学に使ってましたなぁ。変な子供だったんだろうなぁ。
その後もずっと履き続け、低山ハイクやオートバイ乗りに大活躍。

いまのビブラムソールで4枚目。
まだ、ソール交換しても大丈夫なのかな?
そろそろ退役?

かかとの内側部分はオートバイのフレームを挟み込んで真っ黒。シフトペダルを操作する左親指の上部も真っ黒。
ソールの甲皮にもひび割れができて水が染み込みやすいので最近の出番は減りましたが、オイルを塗って、たまに履いています。

なんとなく捨てられない靴。
うちの革靴の中で、もっともカビやすい靴。
少し気を抜くとカビだらけ。
栄養豊富な良い皮なのかな??

------------
 2代目 山靴 (ローバー)
------------
画像

就職してから、軽くてしっかりした登山靴が欲しくなり、新宿の ICI でドイツのメーカーLOWA製の靴を買いました。
ゴアテックスを使ったようなものではなく、ダクロンQDの靴下を利用していたせいか、蒸れが酷く、使いにくかったですね。
今思うと、ウール靴下だと違った感じになったかもしれません。
当時のウール靴下は、触感が悪くて使いたくなかったことから化繊の靴下しか使ってなかった。


この写真のときだったかな?つま先が割れてワニ靴になってしまい、蒸れ蒸れも嫌だった事から3代目にスイッチしました。

------------
 2代目 軽山靴 (キャラバンの最廉価品)
------------
画像

初代の軽山靴は、高校を卒業してから程なくソールが割れてご臨終。
修理するほどの靴でもなかったので廃棄。
この2代目軽山靴を買うまでの間、山を散歩するときはワークブーツを使っていたな。

就職してからだろうか?何処かで、この2代目を購入。
やっぱり最廉価のキャラバンシューズを選択。
どちらかというと普段履きの下駄代わり。

この靴も、やっぱりオートバイ乗りでも大活躍。
写真で残っていたのはこの一枚くらいだなぁ。
この写真の頃、会社の山好きおじさんを集めて「山と川の会」を作り、ちびっ子連れのハイキングを企画したりして楽しんでいました。
また、1山1曲を目標に、「なんちゃって山の歌」を登りの間に作詞作曲して山頂で歌う活動をしていましたな。
ああ〜、なんか、いろいろ思い出してきた。
山行時にはきんぴら牛蒡を作っていって、山頂でジンとかズブロッカを飲みながら、きんぴらを食べるのが習慣でしたな。

------------
 初代 沢靴 (キャラバン)
------------
画像

1997年、栃木に戻ってからオートバイ活動もだんだんと下火になり、かわりに釣りをしながら渓流を歩いていたころに購入。
2005年、アサマに出会ってからはオートバイ活動が再ヒートアップしたので、それ以降は使っていなかったかな。
もう10年以上放置かい。
経年劣化で空中分解しちゃいそうだね。

------------
 3代目 山靴 (AKU)
------------
画像


2代目LOWAが、上の写真のあとでソールが剥がれてワニになった。
いつも蒸れで酷いことになっていたので修理せず買い替え。

この3代目は20世紀末に石井スポーツで購入。
3シーズン用で縦走できる靴だけど、軽くてなかなか良い。
皮靴って格好いいな。

この靴に買い換えてから山を歩く機会が減ってしまい、保管状態が悪かったので靴紐を通す金具の取り付け部分の皮が裂けそうになってしまった。

2011年に、なおべぇさんのコミュニティで久しぶりに山に行ったら楽しくなって、この靴で歩き始めた。
厚手の靴下を重ねれば、栃木の雪山くらいなら何とかなる。少し冷えるけど。

でも、山で靴の皮が裂けてしまうのも怖いので、保革油を塗ってから4代目に移行。

------------
 3代目 軽山靴 (メレル モアブ)
------------
画像


2011年、なおべぇさんのコミュニティの山歩きに飛び入りしたら、また山歩きが楽しくなって、散歩用に買った靴。
あまり考えず、いい加減に選んでしまいました。

自分の体重ではソールがやわらかすぎ。
山歩きしにくいのと、ゴアのわりには水もしみてくるし、紐をしっかり結んで山歩きをするとインナーソールが左右にずれてしまい、別物に交換してたりなど、イロイロ納得いかず、山用途としては退役させた。

現在タウンユース専用の下駄として利用しているが、いい加減劣化してきているので、違う下駄が欲しいところ。

------------
 4代目 山靴 (ノース S4K)
------------
画像


現在の主力靴。
革靴の3代目の皮が裂けそうになってきて、4代目を考え始めたが、みんないい値段するんですよね。
そんなとき、ゴールドウインのファミリーセールでサンプル品を超安価に購入できた。
ためし履きでも問題なさそうだったけど、少しかかとが靴擦れする。
次回、テーピングで対策してみる。

この靴だと、靴下2枚重ねで雪歩きは厳しそうな感じ。
ということで、冬靴が欲しくなってしまった。

------------
 4代目 軽山靴 (ノース  レック ミッド)
------------
画像


こちらも現在の主力靴。
3代目メレル代わりのタウンユースの普段履きとして、ゴールドウインのファミリーセールで適当に買ってしまったら、意外にしっかりした靴なので、街履きから昇格して山散歩靴になった。

------------
 初代 冬靴 (ノース  S4Kアイス)
------------
画像


栃木の雪の中を歩く程度でも、好日山荘に相談すると「8000mまでいけますよ」なんて靴を平気で紹介されるし、冬靴も、いい値段するから、やっぱりゴールドウインのファミリーセールで狙っていました。

オールシーズンのS6KかS4Kアイスを狙って何度かファミリーセールに通っていたのですが、ついに、去る6月のセールでいい感じのサイズに出会えました!
この機会は逃せません。
そして、ラインナップの仲間入りと相成りました。

調子に乗って死なないように、雪が降るまでに、少し体力づくりしとかないとな。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

結局、靴の片付けにならず、荷物が増えただけで終わってしまった。。。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山を共にした靴たち まずは、ほどほどに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる